Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

倉木麻衣、BiS、奥華子、牧野由依、Wakana……長く愛され続ける女性アーティストの新作

リアルサウンド

19/3/19(火) 7:00

 今年デビュー20周年イヤーを迎えた倉木麻衣、2016年に再結成を果たし、9人編成で再スタートを切ったBiSなど、“長く愛され続ける女性アーティスト”の新作を紹介。アーティストとしてのパブリックイメージを保ちつつ、新たな作風にも果敢に(またはさりげなく)トライすることで、ファンに長く支持されている彼女たちの現在地を実感してほしい。

(関連:倉木麻衣、多彩な表現の奥にある“変わらぬ魅力” ファンに愛され続ける温故知新のスタイルを紐解く

 倉木麻衣の20周年イヤー第1弾シングルは、2019年新春に放送された『名探偵コナン』(日本テレビ系)の2週連続1時間スペシャル「紅の修学旅行(鮮紅編・恋紅編)」の主題歌とオープニングテーマを収録した両A面。主題歌「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない」は、切なくも愛らしい恋心を描いたミディアムチューン。“新一と蘭がついに恋人に!”と話題になった「紅の修学旅行編」のストーリーと重なる名曲としてファンに高く評価されている。オープニングテーマ「薔薇色の人生」は、20周年のキックオフを告げるようなアッパーチューン。これまでの『名探偵コナン』とのタイアップソングのタイトルを歌詞に引用するなど、“倉木麻衣×名探偵コナン”の深い関係を改めてアピールするナンバーに仕上がっている。

 BiSのメジャー第4弾シングルの表題曲「Are you ready?」はQueenの名曲「Bohemian Rhapsody」にインスパイアされたというロックオペラ的な楽曲。壮大でクラシカルなロックバラード、極悪な雰囲気のヘビィロック、正統派ハードロック、解放感のあるエレポップなどを組み合わせ、(フレディ・マーキュリーの命日11月24日にちなみ)11分24秒の大スケールの楽曲に仕立て上げている。“BiSだったらアリだよね”と常識を超えた企画を実現させてしまう勢いとパワーこそが、このグループが長く支持され続けている理由だと改めて実感させられる。カップリングには、2016年の再始動のために制作された「BiSBiS」の現体制バージョンを収録。新たなスタートを切る9人には、思いが詰まった楽曲と言えるだろう。

 奥華子の約2年ぶり、通算10作目のオリジナルアルバム『KASUMISOU』には、配信シングル「願い」(サンリオピューロランド「スイーツピューロ」イルミネーションショー「ミラクリュージョン★Happiness」イメージソング)、「クリスマスの夜」(スマホアプリ「SNOW」CMソング)などのタイアップ楽曲に加えて、南條愛乃、竹達彩奈など他のアーティストへ提供した楽曲のセルフカバーを中心に構成。周りを引き立てつつ、自らの存在感もさりげなくアピールする、まさに“かすみ草”的なアルバムとなった。「鞄の中のやきもち」をはじめ、奥華子の真骨頂と呼ぶべき切ないラブソングもたっぷり。ブレない作風を持ち続けながら、さまざまなコラボレーションを繰り広げた本作は“変わらず、変わり続ける”彼女の姿勢をわかりやすく示している。

 歌手、声優、ピアニストとして才能を発揮している牧野由依の音楽活動15周年を記念した「“これまで”と“これから”を繋ぐ」(牧野由依のコメントより)2枚組セレクトアルバム『UP!!!!』。Disc1にはファンの間で支持され続けている「Brand-new Sky」のロックバージョンをはじめ、代表曲、人気曲にリアレンジを施した新録音源7曲を含む11曲を収録。豊かさを増したボーカリゼーションによって、原曲の新たな魅力を引き出すことに成功している。Disc2は、彼女自身がピアニストとしてレコーディングに参加した楽曲が中心。岩井俊二監督作『Love Letter』(1995年)で、8歳の牧野由依が演奏した「A WINTER STORY」の貴重なテイク、弾き語りによる「アルメリア」といった楽曲には、ミュージシャンとしての彼女の表情が映し出されている。

 Kalafinaで主に高音パートを担当。類まれな美しい声質、豊かな表現力でリスナーを魅了してきたWakanaのソロ1stアルバム『Wakana』が到着した。ソロデビューシングル『時を越える夜に』を含む本作は、エキゾチックな雰囲気が広がる「翼」(作詞:Wakana/曲・編曲:武部聡志)、AOR経由のラブソング「瑠璃色の空」(作詞:Satomi/曲・編曲:松本良喜)など、豪華な作家陣による楽曲を収録。ボーカリストとしての彼女の魅力をバランスよく引き出すことで、大人のリスナーの鑑賞に耐えうる、質の高いポップスアルバムへと結びつけている。個人的なベストトラックは、心地よいノスタルジーをたたえたオーガニックなバラードナンバー「記憶の人」(作詞・作曲:安藤裕子/編曲:山本隆二)だ。

■森朋之
音楽ライター。J-POPを中心に幅広いジャンルでインタビュー、執筆を行っている。主な寄稿先に『Real Sound』『音楽ナタリー』『オリコン』『Mikiki』など。

アプリで読む