Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

蒼井優が心配そうに山崎努を見つめる 『長いお別れ』メイキング映像公開

リアルサウンド

19/4/26(金) 13:00

 5月31日公開の中野量太監督最新作『長いお別れ』より、メイキング映像が公開された。

 直木賞受賞作家である中島京子の同名小説を映画化した本作は、70歳になった父の認知症の発症と家族が向き合う人間ドラマ。『湯を沸かすほどの熱い愛』中野量太が監督を務めた。

 父の70歳の誕生日、久しぶりに帰省した娘たちに母から告げられたのは、厳格な父が認知症になったという事実だった。ゆっくり記憶を失っていく父との、思いもよらない出来事と発見に満ちたお別れまでの7年間の日々が描かれる。蒼井優、竹内結子、松原智恵子、山崎努ほか、蒲田優惟人、中村倫也、北村有起哉が出演する。

【動画】『長いお別れ』メイキング映像

 このたび公開されたのは、山崎が演じる昇平の認知症の症状が徐々に進んでいき、デイサービスでの食事にもなかなか手を付けようとしないシーン。父の様子を心配そうに見つめ、なんとかコミュニケーションを取ろうと試行錯誤する次女・芙美(蒼井優)との、二人のやりとりを収めたメイキング映像となっている。本編では、読書家で漢字の読み書きが得意だった父と一緒に楽しもうと、漢字ドリルをもってきた芙美に対し、文字すらうまく書けなくなっていた父がドリルを芙美に突き返す、少し切ないシーンとして登場する。

 中野監督からの指示を真剣に聞く蒼井と山崎の姿が映し出されており、ドリルを付き返す仕草に力を入れすぎてしまった山崎が「しまった」という表情で舌をペロリと出すお茶目な姿も捉えられている。

 山崎は、今回の撮影に際し「前作や脚本に触れるにあたり、大変な才能だと思っておりました。実際に現場で一緒に仕事をしても、見事な演出で、感服致しました」と中野監督への信頼を明かしている。中野監督は山崎との撮影を振り返り「最初にお会いした時は5時間くらいずっとお話をして、その後もお宅へ訪問させてもらったりして、山崎さんといい関係性が構築できていたのも、この映画にとって幸運なことでした。撮影現場では対等に接して下さり、僕のことを信じてくださった。山崎さんは芝居を間違えないんです。よく脚本を読み解いて頂いて、僕の仕掛けも理解して下さっていました。だから、山崎さんとの関係はクランクアップまでずっと楽しかったですね」とコメントしている。

※山崎努の「崎」は「たつさき」が正式表記

(リアルサウンド編集部)

アプリで読む