Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『ムーンライト』監督最新作 映画『ビール・ストリートの恋人たち』来年2月22日公開決定

リアルサウンド

18/11/27(火) 10:00

 映画『If Beale Street Could Talk(原題)』が『ビール・ストリートの恋人たち』の邦題で、2019年2月22日に公開されることが決まった。

参考:『ムーンライト』のバリー・ジェンキンス監督【写真】

 『ムーンライト』のバリー・ジェンキンスが監督を務める本作は、1970年代ニューヨークのハーレムに生きる若い2人の愛と信念の物語。原作は、ドキュメンタリー映画『私はあなたのニグロではない』の作家ジェームズ・ボールドウィンの著書『ビール・ストリートに口あらば』。

 主役のカップル役は、オーディションで抜擢された新人女優キキ・レインと『栄光のランナー/1936ベルリン』でジェシー・オーエンス役を演じたステファン・ジェームスが務める。そのほか、レジーナ・キング、コールマン・ドミンゴ、ディエゴ・ルナ、エド・スクライン、ブライアン・タイリー・ヘンリー、デイヴ・フランコ、ペドロ・パスカル、フィン・ウィットロックなどが脇を固めている。

 製作総指揮には前作に続きプランB率いるブラット・ピットが名を連ね、『ムーンラ
イト』で共にアカデミー賞にノミネートされたジェームズ・ラクストンが撮影を、ニコラス・ブリテルが音楽を担当している。(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play