Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「おとぎ裁判」より。(撮影:鏡田伸幸)

「おとぎ裁判」開幕、古谷大和「ようやくできあがった自信ありの作品」

ナタリー

18/9/28(金) 22:10

「おとぎ裁判」が昨日9月27日に東京・俳優座劇場で開幕。同日、公開ゲネプロが行われた。

ミュージカル「しゃばけ」シリーズ、「極上文學」シリーズなどで知られる神楽澤小虎が脚本、KPR/開幕ペナントレースの村井雄が演出を手がける本作。おとぎの国の裁判官・アケチに判決を下してもらうため、住人たちは毎夜“幻火の館”、通称・キャッスル・トーチを訪れる。そこでは“ジャッジメントSHOW”が繰り広げられていて……。なお本作では、観客がレンタル式の“トーチ”(ろうそく型ライト)をサイリウムのように使って歌唱シーンを盛り上げたり、劇中のジャッジに参加することができる。

ゲネプロ終了後にはキャスト挨拶が行われ、古谷大和、古畑恵介、芹沢尚哉、東拓海、小林健一、古賀瑠が登壇した。赤ずきん役の古賀は「自分で考えたタップダンスの振りや、日替わりネタもたくさんあるので、13公演全部楽しんで観てください」と観客にアピール。ドロー役の小林は「みんなで意見を出しあって、壊して作り上げて、壊して作り上げて、やっとできあがった作品です。まったく新しいエンタテインメントになっていると思います」と語気を強めた。

ジュード役の東は「こちらが楽しんだぶん、お客様にパワーをたくさんお届けできたらいいなと思います。パワーを持っている、本当に個性の強いキャストだと思うので、ぜひぜひお楽しみあれ」と呼びかけ、ロブ役の芹沢は本作について「お客様がトーチを使って、生で判定したりと参加型の舞台となっています。作品自体も『赤ずきん』を題材にしているので皆様知ってる部分もあったり、そういう捉え方もあるんだ!というふうにいろんな感じ方のできる舞台となっております」と解説した。

続いて、ブルー役の古畑は「僕はまだまだ未熟なんですが、声優としても活動しておりまして、そんな声優ならではのお芝居だったり歌だったりが皆様にお届けできたらいいなと思っております」とコメント。最後にアケチ役の古谷は「ゼロから作り上げたオリジナル作品ということで、みんなですごく試行錯誤して、ようやくできあがった自信ありの作品です。一瞬の刹那のようなところで、みんな板の上で生きているなと実感しながら楽しくお芝居しています。たくさんの皆さまに楽しんでいただけるよう、最後まで走り抜けたいと思います」と締めくくった。

本作のDVD、およびメイキングDVD「おとぎ裁判 the メイキングパーティー」は、来年2019年3月27日に発売予定。公演は9月27日から10月7日まで。

「おとぎ裁判」

2018年9月27日(木)~10月7日(日)
東京都 俳優座劇場

脚本:神楽澤小虎
演出:村井雄
音楽:桑原まこ
振付:野田裕貴
出演:古谷大和、古畑恵介、芹沢尚哉、東拓海、小林健一、古賀瑠、ロッキン=ヨーコ、高崎拓郎、G.K.Masayuki

(c)2018CLIE

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play