Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「アヌシー国際アニメーション映画祭 日本アニメーション特集」発表記者会見の様子。

アヌシー映画祭で日本が20年ぶり“名誉国”に、「カリオストロの城」野外上映も

ナタリー

19/4/18(木) 14:50

アヌシー国際アニメーション映画祭2019における「日本アニメーション特集」の発表記者会見が、本日4月18日に東京のアンスティチュ・フランセ東京で行われ、企画ラインナップが発表された。

1960年にカンヌ国際映画祭から独立する形で設立されたアヌシー国際アニメーション映画祭。これまでに宮崎駿や高畑勲、近年では「夜明け告げるルーのうた」で湯浅政明が最高賞にあたるクリスタル賞(グランプリ)を受賞している。このたび、毎年1カ国に焦点を当て、その国のアニメーション文化を紹介する“名誉国”に日本が20年ぶりに選ばれた。日本が打ち出すテーマは「NEW MOTION -the Next of Japanese Animation-」。本企画の総合ディレクターを務める東京藝術大学副学長・岡本美津子は「『NEW MOTION』とは、日本のアニメーション界の“これからの動き”のこと。上映、展示、イベントなどにより、次世代を担うクリエイターや、新しい技術にのっとった表現をお伝えしていきたい」と説明した。

本企画の中核となる「NEW MOTION Creator's File 2019」では、7人の選定員により推薦された日本アニメーション界における新進気鋭のクリエイター26人の作品を中心に上映プログラムや展示を構成。そのほか和田淳の特集上映や、クリエイター育成プログラム「あにめたまご」から生まれた作品の上映も企画されている。さらにアヌシー城にて、ヴィヴァルディ「四季」のライブアニメーションコンサートや、「ルパン三世/カリオストロの城」野外上映の実施も。ライブアニメーションコンサートでは、AIがアニメーションの映像を生演奏に合わせて映し出していく技術が披露される。

映画祭とあわせて行われる国際見本市MIFAでは、映像展示のほかにARやVR、ゲームなどアニメーションの“次”を担うプロダクションを紹介。会見にはAR三兄弟の長男・川田十夢が登壇し、新海誠とAR三兄弟のコラボレーション新作も展示されることを伝えた。

また会見には、映画祭の短編コンペティション部門で審査員を務める山村浩二も出席。2003年に「頭山」で同部門グランプリに輝いた山村は「アニメーションは小さな村のようなコミュニティから発展して、いまや都市のような形でさまざまな人が関わる広がりを見せています。その中で、今回のような文化交流は大きな意味を持ちます。今はインターネットで簡単に世界とつながれるようで、実際は小さなネット社会で閉じている印象を個人的には抱いています。大勢でスクリーンでフィルムを楽しむ映画祭にて、20年ぶりのホスト国としてフランスと日本の交流が結ばれることを期待します」と語った。

アヌシー国際アニメーション映画祭2019は、フランス現地時間6月10日にスタート。長編コンペティション部門には、日本から湯浅の「きみと、波にのれたら」、原恵一の「バースデー・ワンダーランド」、櫻木優平の「あした世界が終わるとしても」がノミネートされている。

「NEW MOTION Creator's File 2019」に選出された作品は以下の通り。

アヌシー国際アニメーション映画祭 日本アニメーション特集

フランス現地時間2019年6月10日(月)~15日(土)フランス アヌシー市

NEW MOTION Creator's File 2019

Sarina Nihei「Rabbit's Blood」(短編)
折笠良「Notre chambre」(短編)
水尻自子「幕」(短編)
冠木佐和子「えーん」(短編)
平岡政展「L'Oeil du Cyclone」(短編)
ひらのりょう「パラダイス」(短編)
Tao Tajima「Waxing Moon」(ミュージックビデオ)
牧野惇「戯言スピーカー」(ミュージックビデオ)
ユーフラテス「Layers Act」(短編)
大西景太「ロックンロールマーチ」(短編)
薄羽涼彌「見なれぬものたち」(短編)
板津匡覧「みつあみの神様」(短編)
小林寛「ひそねとまそたん」(テレビ)
内海紘子「BANANA FISH」(テレビ)
押山清高「スペース☆ダンディ『ビッグフィッシュはでっかいじゃんよ』」(テレビ)
久野遥子「Airy Me」(短編)
橋本麦「imai - Fly ft.79, Kaho Nakamura」(短編)
柴田大平「がまんギリギリライン」(短編)
矢萩利幸「PERSONA5-ペルソナ5-」(ゲーム内アニメ)
中武哲也「進撃の巨人」(テレビ)
佐藤広大「えんぎもん」(短編 / 若手アニメータ育成プロジェクト作品)
吉田健一「ガンダム Gのレコンギスタ」(テレビ)
新井伸浩「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」(長編)
金子雄司「キルラキル」(テレビ)
坂本サク「アラーニェの虫籠」(長編)
近藤聡乃「てんとう虫のおとむらい」(短編)

※「L'Oeil du Cyclone」の「Oe」の正式表記はOとEの合字

アプリで読む