Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

上段左より:『WIRED JAPAN』1996年8月号/同1996年6月号/『composite』1997年10月号/同左/小崎哲哉・編『百年の愚行[オリジナル 複写版]』/小崎哲哉、Think the Earth『続・百年の愚行』2014年12月、すべてアートディレクション:佐藤直樹 中:佐藤直樹『その後の「そこで生えている。」』2014年-2019年 下段:『その後の「そこで生えている。」』2014年-2019年制作風景、2019年

『佐藤直樹展:紙面・壁画・循環』 デザインと絵画の仕事を展観

CINRA.NET

19/5/5(日) 12:00

『本と美術の展覧会vol.3「佐藤直樹展:紙面・壁画・循環」』が、6月29日から群馬・太田市美術館・図書館で開催される。

美術館と図書館の複合施設である太田市美術館・図書館が、「本」と「美術」の架橋を目指して実施する『本と美術の展覧会』の第3弾として開催される同展。佐藤直樹のデザインと絵画の仕事を、初めて同時に展観するほか、佐藤が太田市美術館・図書館を実際に訪れて制作した新作を紹介する。

2010年前後を境にデザインから絵画の制作に重心を移した佐藤。展示作品はその変化の理由や変化が佐藤にもたらしたものを検証すべく構成される。映像や絵画作品、エディトリアルデザインに加え、佐藤が2013年に『TRANS ARTS TOKYO 2013』で発表し、その後も制作が続けられ、全長160メートルに達している木炭壁画の作品群を2階から3階の展示室に連続して展示する。

会場のウェブサイトでは佐藤によるステートメントも公開中。会期中には伊藤ガビン、椹木野衣、管啓次郎、室賀清徳、担当学芸員の小金沢智を招いたトークも開催予定。参加方法などの詳細は太田市美術館・図書館のオフィシャルサイトで確認しよう。

アプリで読む