Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

花澤香菜、アーティストとしての新たな旅立ち エネルギーに満ちたバースデースペシャルライブ

リアルサウンド

19/3/29(金) 19:00

 花澤香菜が、2月25日、TOKYO DOME CITY HALLでスペシャルライブ『KANA HANAZAWA Concert 2019 –Birthday Special 2019/02/25-』を開催した。

 ライブのタイトルにもあるとおり、この日は花澤香菜の30歳の誕生日。

 「祝・三十路!」と冒頭のMCで自ら笑顔で告げ、サプライズでバースデーケーキが運ばれる一幕もあった。記念すべき一日を集まったオーディエンスと共に祝うというとてもハッピーなライブだったのだが、それ以上に注目すべきポイントが沢山あった、とても充実したステージだった。

 というのも、この日は2月20日にリリースされたばかりの最新アルバム『ココベース』の楽曲を初披露するライブでもあったから。

 「この場所を基盤にして進んでいく」という意味合いを込めて花澤香菜本人が命名した「ココベース」という造語のタイトル通り、アルバムの内容自体も、30代となりアーティストとして新たな旅立ちを果たす彼女の今を刻み込んだもの。そういうアーティストしてのエネルギーを存分に感じさせてくれるステージだった。

 ライブは、その新作『ココベース』収録曲でフジファブリックの山内総一郎が提供した「マイ・ソング」からスタート。大歓声に迎えられ花澤香菜がステージに登場する。

 バンド編成はバンドマスターをつとめるギターの佐橋佳幸に、ベースは井上富雄、ドラムは高橋結子、キーボードに斎藤有太、マニピュレーターとユーフォリウムとフリューゲルホーンにゴンドウトモヒコという凄腕の面々だ。

 印象的だったのは、昨年のライブでもバンドマスターをつとめアルバム『ココベース』の制作にもプロデューサーとして関わった佐橋佳幸が、単なるサポートという役割を超えた大きな存在感をもってステージに立っていたこと。

 これまで数々のJ-POPの名盤にギタリストやプロデューサーとして関わり、山下達郎や小田和正など日本のポピュラー音楽界を代表するアーティストたちからも信頼の厚い彼が、今の花澤香菜の音楽活動にパートナーとして本気で向き合っていることがステージのムードから伝わってくる。

 OKAMOTO’Sが提供した「Change!」では1本のマイクを2人で分けあって歌い、チャットモンチーの橋本絵莉子が提供した「おとな人間」では切れ味のあるギターリフを見せる。

 MCでも花澤香菜と佐橋佳幸は和気あいあいとレコーディングの様子を振り返る。なかでも「私、この曲を歌うの本当楽しいんです」と花澤香菜が笑顔を見せ、「ここまでパンに対するなみなみならぬ愛情を見たのは生まれて初めてです」と佐橋佳幸が語った、在日ファンクの浜野謙太が提供した「パン」についての会話はフロアにあたたかなムードを呼んでいた。

 中盤からはアコースティックなセットへ。ここでカバーも披露した。昨年のライブでは槇原敬之の「もう恋なんてしない」、フジファブリックの「若者のすべて」のカバーを歌っていたが、今回の選曲はチャットモンチーの「染まるよ」。佐橋佳幸のアコースティックギター、高橋結子によるパーカッション、そして花澤香菜の声というシンプルな編成で歌われる「染まるよ」は、まさに絶品のカバーだった。

 新作収録の「ゆうのそら」、「初恋ノオト」「透明な女の子」とアコースティックセットで歌い、終盤ではバンドセットで再びぐっと盛り上がる展開に。岡本靖幸が作曲を、大貫妙子が作詞を担当した「ミトン」では、赤いミトンを手にはめた2人のダンサーがキュートなダンスを見せ、続く「大丈夫」でもチアフルな空間を作り上げる。

 終盤のMCではサプライズでケーキが運ばれ、バンドの演奏のもとオーディエンス全員が「ハッピーバースデー」を合唱。そのまま「25 Hours a Day」「CALL ME EVERYDAY」とコールアンドレスポンスを盛り込んだアップテンポな曲で会場のテンションを上げていく。「恋する惑星」ではカラフルな風船が降ってくる演出もあり、幸せムードに満ちたまま本編ラストの「あたらしいうた」を終え、ステージを降りた。

 アンコールは、花澤香菜の“キャラソン”代表曲である「恋愛サーキュレーション」からスタート。本編は最新作『ココベース』を中心にしたステージだったので、オーディエンスの大歓声の掛け合いが加わるこの曲で、ぐっとムードが変わる。続けて「星空☆ディスティネーション」も大合唱と共に歌い、「今日は来てくれて本当にありがとうございました」と満場のフロアに感謝を告げる。

 そして、アルバムの最終曲「Ready to go」をしっとりと歌い上げ、ラストはバンドが退場し佐橋佳幸と二人でステージに残っての「おやすみ、また明日」。深く胸に染み込むような歌声だった。

 4月からは全国ツアー『KANA HANAZAWA Concert Tour 2019 -ココベース-』も始まる。4月14日には日本人女性ソロアーティスト初となる中国・上海メルセデスベンツアリーナ公演も予定されている。

 アーティストとして目覚ましい進化を続けている今の花澤香菜を見届けていきたい。そう改めて痛感させられた一夜だった。

■柴 那典
1976年神奈川県生まれ。ライター、編集者。音楽ジャーナリスト。出版社ロッキング・オンを経て独立。ブログ「日々の音色とことば」/Twitter

■ツアー情報
『KANA HANAZAWA Concert Tour 2019 -ココベース-』
<愛知公演>
場所:一宮市民会館 大ホール
日時:4月6日(土)開場17:00/開演18:00
公演に関する問合せ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100(10:00〜18:00)

<仙台公演>
場所:仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール
日時:4月21日(日)開場16:30/開演17:30
公演に関する問合せ:ジー・アイ・ピー 022-222-9999(24時間自動音声案内)

<大阪公演>
場所:グランキューブ大阪 メインホール
日時:4月27日(土)開場17:00/開演18:00
公演に関する問合せ:夢番地 06-6341-3525(11:00〜19:00土日祝除く)

<東京公演>
場所:新宿文化センター 大ホール
日時:4月29日(月・祝)開場17:00/開演18:00
公演に関する問合せ:インフォメーションダイヤル 03-5793-8878(平日13:00〜18:00)

【チケット料金】
全席指定7,344円(税込)
※ 3歳以上有料/3歳未満膝上鑑賞可

【プレイガイド先行情報】
※枚数制限:一人1公演につき4枚まで
※その他注意事項は受付画面で確認。

【チケット一般販売中】
<イープラス>
ネット予約:〈PC・モバイル共通/要事前会員登録(無料)〉
店頭購入:ファミリーマート設置のFamiポートにて直接購入

<チケットぴあ> 
電話予約:0570-02-9999
(Pコード:愛知142-982 /仙台136-119 /大阪143-354/東京145-829)

ネット予約〈PC・モバイル共通/要事前会員登録(無料)〉
愛知公演
仙台公演
大阪公演
東京公演

<アニメイト>
全国共通でアニメイトオンラインショップ 
URL

オフィシャルサイト

アプリで読む