Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「不機嫌な女神たち プラス1」メインビジュアル

岡田惠和の“ほろ苦コメディ”に和久井映見、羽田美智子、西田尚美、谷原章介

ナタリー

19/6/12(水) 11:19

「不機嫌な女神たち プラス1」が10月から11月にかけて東京、愛知、大阪、福岡で上演される。

「不機嫌な女神たち プラス1」は、連続テレビ小説「ちゅらさん」「ひよっこ」など、数多くの国民的ドラマを手がけてきた脚本家・岡田惠和の書き下ろし。女性3人と男性1人が繰り広げる大人の“ほろ苦コメディ”を、ONEOR8の田村孝裕の演出により立ち上げる。キャストには和久井映見、羽田美智子、西田尚美、谷原章介の4人が名を連ねた。

演出を手がける田村は「人生の指針を失った方々へのエールのような作品になると感じました」と話し、「演出という大役を担った私も、この重すぎる肩の荷を背負いながら、全力でエールを送る所存です」とコメントした。チケットの先行販売は本日6月12日12:00に、一般販売は7月28日10:00にスタート。

田村孝裕コメント

人は家庭内や仕事場そして社会の中で役割を担う生き物です。その役目を終えたとき、肩の荷が降りたならいいですが、逆に人生の指針を失った方も多いのではないでしょうか。岡田惠和さんのあらすじを読んで、そんな方々へのエールのような作品になると感じました。演出という大役を担った私も、この重すぎる肩の荷を背負いながら、全力でエールを送る所存です。

和久井映見コメント

どんな仕事でも緊張するものですが、このみなさんとこの作品、前に進まなかったら私は「人としてダメだぞ」と心に決め……。脚本の岡田さんは、いつも、私の新しい扉を開く鍵をくださるので、おもいきって飛び込んでいこうと思います。この素敵なみなさんとどんな空間を作り、皆様にご覧いただくことができるのか。ドキドキ、でもがむしゃらに。どうぞ、私達のたくさんの瞬間瞬間を……ぜひご覧に、いらしてください。

羽田美智子コメント

舞台の経験値が少なく少し不安ですが、なんといっても岡田さんの脚本、田村さんの演出と聞き、自分の中の好奇心がわくわく湧いてきました。そして、和久井さん、西田さん、谷原さんの4人芝居! こんな素敵なチャンスは逃したくない!と、飛び込みます。私たち世代の方々はもちろん、これからこの世代に突入する若い方にも、懐かしいと思ってくださる先輩の方々にも是非観て頂けたら嬉しいです。

西田尚美コメント

岡田先生の脚本、演出家の田村さんとの新しい出会い、そして、和久井さん、羽田さん、谷原さんの4人で同じ空間にいられること自体が自分にとってプラスになる気がして、わくわくしています。日常のちょっとした感情の起伏を、観客の皆様と共有できるような舞台になることを楽しみにしています。素敵な舞台に仕上がると思います。是非ご来場ください。

谷原章介コメント

女三人と男一人、そして、こんな素敵な女優さんたちとご一緒できる機会はなかなかなく、その輪の中に入れていただけることにドキドキします。不機嫌な女神たちというタイトルですが、これだけ綺麗な3人だったら不機嫌でもいいんじゃないかと思いながら、僕一人、ハーレムのようにこの女性たちを独占したいと思います(笑)。岡田さんによる会話劇、まともに終わるわけがございません! ぜひそれは劇場でお確かめください。

岡田惠和コメント

面白そうだなぁ。和久井さん、羽田さん、西田さん、谷原さん。まぁなんて素敵で豪華な俳優さんたち。チラシやポスターの写真を見てうっとりして、わくわくしてしまっています。作家として、この上ない幸せを噛みしめてます。四人の美しくて可愛くて楽しい俳優たちのお芝居を堪能していただける舞台になると思います。大好きで信頼する田村さんの演出とは絶対相性がいいと確信しております。面白そうです。これでつまらなかったらそれは私に責任ですね。

「不機嫌な女神たち プラス1」

2019年10月19日(土)~27日(日)
東京都 紀伊國屋ホール

2019年11月2日(土)・3日(日・祝)
愛知県 穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール

2019年11月6日(水)・7日(木)
大阪府 サンケイホールブリーゼ

2019年11月16日(土)・17日(日)
福岡県 イムズホール

作:岡田惠和
演出:田村孝裕
出演:和久井映見、羽田美智子、西田尚美、谷原章介

アプリで読む