Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

嵐の楽曲で“出会い”と“別れ”の季節に聞きたいものは? 人気の高い春ソングを紹介

リアルサウンド

19/3/9(土) 6:00

 CDシングル56作、アルバム16作と、嵐がこれまでにリリースしてきた楽曲は、いくら耳があっても足りないほど。これまでたくさんの楽曲でファンの人生をより豊かにしてくれた嵐。

(関連:嵐、ライブの“登場シーン”演出へのこだわり 15周年ハワイ公演~20周年記念ツアーから辿る

 卒業シーズンを迎えると同時に、春の陽気に合った、“春ソング”が聞きたくなるーー今回は、出会いと別れの季節に聞きたい嵐の春ソングを紹介したい。

■応援メッセージの宝箱「サクラ咲ケ」
作詞:相田毅、Rap詞:櫻井翔、作曲:谷本新、編曲:石塚知生
 2005年リリースの14作目のシングル曲で、櫻井翔も出演した予備校CMのテーマソングとして採用された。イメージと相まって、受験シーズンや卒業、入学を控えたちょうど今頃にぴったりな楽曲。様々なメディアで行われる桜ソング、春ソングランキングの常連曲で、応援メッセージが詰まったギフトのような一曲である。

 新たな一歩を踏み出すときの、言葉にならない心情に寄り添い、〈振り向くな 後ろには明日(あす)はないから前を向け〉と力強いメッセージをくれる。やみくもな精神論を振りかざすでもなく、一貫してスマートな姿勢を感じる。心が折れそうになったり、自分に負けてしまいそうになった時にこそ聞きたい曲だ。

■心の揺れに寄り添う「season」
作詞:YOUTH CASE、作曲:YOUTH CASE、編曲:石塚知生
 2009年リリース、27作目のシングル『Everything』のカップリング曲。auのCMソングであり、ファンではなくても耳にしたことがある人も多いだろう。

 物理的なハードルを乗り越えてもつながる、心の絆の存在に勇気づけられる。のびやかなボーカルと共に進行し、サビに向かう高まりが前向きな気持ちを後押ししてくれる。

 〈ひらひらと花が舞う頃旅立ちを決めた思いは今誰のためでもなくて、思い出を抱きしめながら僕たちは歩いていくよ〉と、情景が鮮やかに浮かんでくる歌詞。小さな心の変化を逃さず、聴く人の気持ちに寄り添うような歌詞が響く。環境に変化がなくても、少し立ち止まって内省する際にもしっくりくる楽曲だ。

■ファンも相葉ちゃんも選んだカップリングの名曲「Still…」
作詞:多田慎也、RAP詞:櫻井翔、作曲:多田慎也、編曲:NAOKI-T.
 2007年発売のシングル『Happiness』のカップリングとして収録された「Still…」。

 2012年開催の『アラフェス』にて、ファン投票でカップリング曲1位に選ばれた楽曲だ。また先月は、相葉雅紀のラジオで活動休止について言及した上で流した楽曲であり、また一つこの曲にまつわる思い出が重なった。A面として発売しても引けを取らない楽曲だ。

 丁寧に音を重ねていく進行は、一歩一歩力強く歩む姿を彷彿とさせる。後半の櫻井のラップによって、決心が固まり、加速させていく、いい意味での煽りがたまらない。

〈君は君 夢 でっかく描いて 僕はここから成功を願ってる〉

 恋愛に限らず、友情、別の方向を目指し始めた仲間へ置き換えてもしっくりくる。大事なことなので二回書くが、A面シングルでも十分に手ごたえを感じられたであろう。

 人生の節目から、日々の出来事、小さな心の動き……様々なシーンに寄り添うように存在し、歌の力というものを改めて感じさせてくれる嵐の楽曲。次作のシングルやアルバムが待ち遠しい気持ちもあるが、改めてこれまでの楽曲をいまの心境で聴きなおしてみると深みが増しそうだ。(柚月裕実)

アプリで読む