Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「日経エンタテインメント!」2019年8月号の表紙。

サンド「日経エンタ」好きな芸人ランキングでV2、躍進の和牛インタビューも

ナタリー

19/7/5(金) 10:59

「日経エンタテインメント!」(日経BP社)2019年8月号で「好きな芸人 嫌いな芸人 2019」と題した芸人ランキングのリサーチ結果が発表された。

これは同誌恒例の調査企画。「一番好きな芸人」「一番嫌いな芸人」「この1年でもっともブレイクしたと思う芸人」「これから1年で消えると思う芸人」という4項目で1000人が回答した結果をまとめている。

「一番好きな芸人」では、不動の1位だった明石家さんまを昨年抜いたサンドウィッチマンが今年も首位に。また和牛、千鳥、脳みそ夫、博多華丸が初めて20位以内にランクインした。本誌には和牛のインタビューも掲載。2人は「仕事の質が大きく変わったと思います」(川西)、「いい感じにいろんな層の人が見てくれるようになったのかな」(水田)と躍進の理由を分析し、「M-1グランプリ」への思いや今後の展望についても語っている。

「『好きな芸人』=『NHK愛され芸人』の相関関係」と題したページでは、テレビプロデューサー・河瀬大作氏が有吉弘行をMCに起用した番組「有吉のお金発見 突撃!カネオくん」をNHKで制作した理由を明かした。さらに「サンドのお風呂いただきます」(NHK総合)の収録現場への潜入レポートも。ここではサンドウィッチマンが番組の裏話や「好きな芸人」でV2を達成した心境などを述べた。

このほかコラム「ばらえてぃびと」にはトム・ブラウンが登場。結成時のエピソード、“合体”ネタが生まれたきっかけ、今後の課題などについて話している。

アプリで読む