Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から大九明子監督、中村倫也、黒川芽以、臼田あさ美、田中圭、シソンヌじろう。

シソンヌじろう脚本映画公開、中村倫也に嫉妬「僕よりも面白くてかわいかった」

ナタリー

19/3/23(土) 14:30

シソンヌじろうが脚本を手がけた映画「美人が婚活してみたら」が本日3月23日に公開初日を迎え、東京・新宿武蔵野館にて行われた舞台挨拶にじろうと大九明子監督、キャストの黒川芽以、臼田あさ美、田中圭、中村倫也が登壇した。

とあるアラ子のマンガを「勝手にふるえてろ」の大九監督、じろうによる脚本で実写化した本作。不毛な恋愛に疲れ婚活に励もうと決意する容姿端麗な女性タカコ(黒川)が、バツイチの歯科医・谷田部(田中)、高学歴の非モテ系・園木(中村)らとデートを重ねながら人生について考え、成長していくさまを描く。

この作品で映画脚本家デビューを果たしたじろう。渋い声で「もしかしたら生まれる前から(この作品での)デビューが決まっていたのか……。それくらい自分にとっては運命的な作品になった」と気取ると、中村に「もうちょっと声張ってもらっていいですか!?(笑)」とツッコまれる。通常のテンションに戻し、「いつも自分が作ったもの、出ているものは恥ずかしいんで見ないんですけど、監督に見とけと言われて。とても楽しめました。素敵な作品でした」と鑑賞した感想を語った。

脚本へのこだわりは「特にない」というが、じろう節の効いた笑いが散りばめられているのも本作の魅力。じろうが「園木には変なシーンをいろいろ書いた。普段コントでは自分がボケなので、自分がボケるのをイメージして書いたんですが、僕よりもずっと面白かった。ルックスもいいぶんかわいくて悔しかった(笑)」と話すと、中村は「最初は変だなって思っていたんですが、だんだん愛嬌が見えてきて演じていて楽しかった」とコメントした。続けて「園木は物足りないかもしれないけど、ぜひ世の中の女性にはこういう人に恋をしてほしいなって思いました」と述べ、モテ男を演じた田中を指して「ダメですから、こういう男は!」と言い放って笑いを誘う。

じろうが書いた「俺のこと好きになっちゃった?」というキザっぽいセリフについて、中村が「どういう気持ちで言っているの?」と田中に質問する場面も。田中は「谷田部の肩を持つわけじゃないけど、わざと女性のプライドを傷つけるというか。『もう帰んな?』って追っ払う気持ちだと思う」と説明。しかし劇中で描かれている谷田部の言動を振り返り、「(女性に)慣れてる、あいつダメ! 園木が絶対いい」と改めて園木のような男性を好きになるべきだと強調した。

アプリで読む