Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

Official髭男dism、2019 ABC 夏の高校野球応援ソング/『熱闘甲子園』テーマソング担当

リアルサウンド

19/6/3(月) 5:00

 Official髭男dismが、新曲「宿命」にて2019 ABC 夏の高校野球応援ソング/『熱闘甲子園』テーマソングを担当する。

(関連:ヒゲダンの歌詞はなぜグッとくる? Official髭男dism「Pretender」を軸に特徴を読み解く

 「宿命」は、ヒゲダンならではのポップで美しいメロディと力強いブラスアレンジに乗せ、夏の戦いに自らの“宿命”を燃やす高校球児たちの葛藤や、ほとばしる情熱を繊細に歌いあげた心揺さぶる一曲。

 メンバーの藤原聡(Vo&Pf)と楢崎誠(Ba&Sax)は高校時代にブラスバンド部に所属し、地方大会のスタンドで応援した経験もあるとのこと。メンバー4人で高校野球の聖地である甲子園球場に足を運んだ際、甲子園球場について藤原は「パワーのある場所だと思いました。バンドにも日本武道館であったり、さいたまスーパーアリーナであったりと目指す場所がありますが、ここは全国の高校球児たちが目指す場所。そういうところには、すごいパワーがあるんだなと感じました」とコメント。また、今回のテーマソング「宿命」について、「“宿命”という言葉には、生まれ持った運命という意味がありますが、宿命とは「自分で背負うもの」だと僕は思っているんです。球児たちは「絶対に甲子園に出るんだ」「優勝するんだ」という思いを、チームのみんなで“宿命”として背負っていて、目標に向かってひたむきにがんばっている。春のセンバツを観戦したときに、そんな印象を強く受けたので、球児たちが背負ってる宿命を称えて、応援したいという思いで「宿命」という曲を作りました」と語った。

 「宿命」は、Official髭男dismの3rdシングルとして7月31日に発売される。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む