Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

チョコレートプラネット、『トイ・ストーリー4』ダッキー&バニー役で出演 「本当に嬉Tですね!」

リアルサウンド

19/6/5(水) 5:00

 チョコレートプラネットが、『トイ・ストーリー4』の日本語吹替版でアヒルのぬいぐるみダッキーとうさぎのバニーの声優を務めることが決定した。

参考:『ダンボ』『アラジン』『ライオン・キング』も 実写制作の増加から考えるディズニー作品の未来

 本作は、おもちゃたちの世界を舞台に、人とおもちゃの絆を描く『トイ・ストーリー』シリーズ最新作。ウッディとバズ・ライトイヤーといったお馴染みのキャラクターに加え、19年ぶりにシリーズにカムバックしたボー・ピープが登場。さらに、物語のキーマンと噂されるフォーキーやふわもふコンビダッキー&バニーはもちろん、カワイイ女の子のアンティークおもちゃギャビー・ギャビー、カナダのスタントマンであるデューク・カブーンといった新たなキャラクターも登場する。

 今回、日本語吹替版でダッキー役を松尾駿、バニー役を長田庄平が務めることが決定。ダッキー&バニーは可愛い見た目に反して、毒舌でユーモアに溢れた掛け合いがまるでお笑いコンビのようなキャラクターで、オリジナル版も人気コメディアンが声優を務めており、チョコレートプラネットはオーディションを勝ち抜いて選ばれた。世界各国のディズニー作品の吹替版を監修しているリック・デンプシーは、「ダッキー&バニーはこの映画で最も面白いキャラクターなので、チョコレートプラネットのようなコメディアンが適役でした」と太鼓判を押した。

 ふわもふコンビのダッキー&バニーは、ウッディやバズたちが新たな冒険の先でたどり着いた移動遊園地の射的の景品のぬいぐるみ。ずっと的を当ててもらえず取り残されており、いつか子供に持ち帰ってもらうことを夢見ている。見た目は可愛らしいが、ウッディやバズたちを呆れさせるほど喋り倒し、毒舌でユーモアたっぷり。オリジナル版ではアメリカで大人気のコメディアンであるキーガン=マイケル・キー(ダッキー役)とジョーダン・ピール(バニー役)が演じる。デンプシーは「ダッキー&バニーは長い間、移動遊園地の景品でした。そんな2人が自由になり掛け合いを見せると、面白さが生まれるんです。とてもユニークなキャラクターなので、面白おかしくなるようふざけ合ってください」とエールを送るコメント。声優経験のある長田は、大役を射止め、「(ダッキー&バニーの)関係性が、すごく僕らに似ているので、やりやすかったし、親しみやすいキャラクターですよね」と語り、本作で声優初挑戦となる松尾は、「持ち主がいないキャラクターというのは新しいなと思いましたし、すごい親近感がある」と語った。

 チョコレートプラネットの2人は大の“ディズニー好き”。実はダッキー&バニー役のオーディション結果は、“再オーディションをする”と呼ばれたスタジオでサプライズ発表された。発表された瞬間は状況が理解できずに動揺する様子を見せつつも、実感が湧いた2人は「よっしゃー! 今までで決まった仕事の中で一番嬉しい! 本当に嬉Tですね!」と、自身らの TT兄弟ネタで喜びの気持ちを爆発。長田は「まさか参加できるなんて思ってもみなかった。こんな嬉しいことはないですね!」と語り、松尾は「TT兄弟というネタをしている僕たちが、Tから始まる『トイ・ストーリー』に参加するなんて! 最高に嬉しかったです」と『トイ・ストーリー』ファミリーに加わる喜びを語る。

 また、『トイ・ストーリー』の“T”だけでなく、1作目から吹き替えを担当する唐沢寿明、所ジョージ、戸田恵子にも“T”があることから、長田は「これまでは兄弟でしたが、TTファミリーになるね! TTファミリーやりたい!」と偶然重なった“T”に、夢の“TTネタ共演”の野望を語った。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む