Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

大竹まこと

「八甲田山」最初の犠牲者役・大竹まことが極寒ロケ回想「撮影は最後までいた」

ナタリー

18/12/21(金) 12:00

「八甲田山」のシネマコンサートが1月14日に東京・NHKホールで開催される。このたび同作に出演した大竹まことのインタビューコメントが到着した。

199名の犠牲者を出した、明治35年の八甲田雪中行軍遭難事件をもとにする本作。高倉健、北大路欣也、加山雄三、緒形拳、丹波哲郎、三國連太郎らが出演し、森谷司郎が監督、橋本忍が脚本を担当した。

劇団・表現劇場の仲間とともに本作のロケに参加した大竹。撮影は事件当時とほぼ同じ気象条件の青森・八甲田山で行われ、あまりの寒さに逃げ出した俳優もいたという。大竹は「俺たち兵隊の衣装は日露戦争の頃と同じでペラッペラなわけさ。その時点で70年ぐらい前の靴を履かされるんだよ」と述懐。映画には凍傷対策のため靴下に唐辛子をまぶして靴を履くシーンがあるが、撮影現場でも同じことが行われた。

ロケ現場には、宿舎より1時間から3時間をかけて徒歩で向かったという。「偉い俳優さんたちは雪上車だけど、俺たちは歩き。で、出番まで待つ。あんまり寒いもんだから、雪に穴掘って潜って顔だけ出して待つんだよ」と過酷な現場を振り返る大竹。さらに「そんな中、風速30mの吹雪を起こす機械回すんだよ。ただでさえ寒いのに」と想像を絶する現場の一端を明かした。

「俺はエキストラに毛が生えたような役だからね」と笑う大竹が演じたのは、最初の犠牲者となる輸送隊員C。しかし本人はあまり覚えていないようで「俺、一番最初には死ぬんだけど、そのあとも出てたような気がする。だって撮影は最後までいたしなあ」と告白する場面も。シネマコンサートについては「芥川也寸志さんの書いたメロディは、聴いてるだけでも寒くなってくる。本当にいい音楽だから、生のオーケストラで聴けば体感温度も下がって、映画を楽しめることでしょう」と期待を寄せた。

「八甲田山」シネマ・コンサート

2019年1月14日(月・祝) 東京都 NHKホール
開場 15:00 / 開演 16:00
料金:9800円 ※未就学児入場不可

(c)橋本プロ/東宝映画/シナノ企画

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play