Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「えいがのおそ松さん」完成披露上映会の様子。前列左から松原秀、Dream Ami、櫻井孝宏、藤田陽一、岩井勇気。後列左から18歳のトド松、十四松、一松、チョロ松、カラ松、おそ松。

櫻井孝宏が18歳の自分へエール、6つ子も登場「えいがのおそ松さん」完成披露

ナタリー

19/2/15(金) 21:21

「えいがのおそ松さん」の完成披露上映会が本日2月15日に東京・丸の内ピカデリーにて開催され、キャストの櫻井孝宏、主題歌を担当したDream Ami、監督の藤田陽一、脚本を手がけた松原秀が登壇した。

アニメ「おそ松さん」の劇場版となる本作は、不思議な世界に迷い込んだ6つ子が、18歳の自分たちに会いに行こうとするところから展開される物語。MCを務めた岩井勇気(ハライチ)から、初披露の心境を問われたおそ松役の櫻井は「いつか映画でおそ松さんを、という話は内輪では冗談っぽく言い合ってたんですけど、まさか本当にこの日が迎えられるなんて……まあちょっと思ってたんですよ(笑)。そういう道をこの作品は作り上げてきたなって」と思いを述べる。

さらに櫻井が「松原さんが爆笑の脚本をがんばってくれましたので」とハードルを上げると、松原は「やめてください(笑)」とツッコミつつ「自分も今日初めて観るので、岩井さんはわかってもらえると思うんですけど、ウケんのか?っていう。あのー……笑ってください」と観客に呼びかけ、笑いを誘った。当初は本作の物語がまったく想像できなかったという櫻井。「なんでもありな作品じゃないですか。すぐ死んじゃうし(笑)。どういう作品になるのか興味があったんですが、僕はやっぱり映画チックな感動もあり笑いもありの王道な話になればいいなと思っていたら、いい感じになってるんです」とアピールする。

映画化にあたって意識したことについて、松原は「シンプルに、尺が長いじゃないですか。長い時間楽しんでもらうために、縦軸のところで悩みましたね。そこは最初に『どうしましょう、監督?』って」と回想。藤田もうなずきながら「90分ふざけっぱなしもありっちゃありなんですけど。テレビがシュールなギャグもあればドタバタもあったり、いろんなパターンのお話を作ってきたので、総決算じゃないですが、なんとか全部入れ込めないかなと。だから好きなテイストの箇所もあれば、嫌いなテイストの箇所もあるかもしれない(笑)」と説明した。

続いて、本作で登場する18歳の6つ子にちなみ「18歳のときの自分を振り返って、どんな声をかけたいか?」という質問が。櫻井は「18の僕はだらだら生きてたんですよ。それでちょっと自分に発破をかけたいと思って18歳で声優になろうと決めたんです。なので、『今のままがんばりな』って言いますね。一応なんとかなったので」と回答する。また、Dream Amiは「当時はお仕事でフットサルに明け暮れる毎日だったんです。大きなリーグに優勝すると2万円分くらいファミリーレストランのお食事券をもらえるので、毎日一生懸命練習をしてたんですけど、当時の自分に会ったら『リーグ優勝しますよ。ファミリーレストランでお腹いっぱいポテト食べれるよ』って教えてあげたいです」と当時のエピソードを披露し、会場を和ませた。

ここで、18歳の6つ子たちが客席後方から登場。それぞれ客席にアピールしながらステージへ上がり、フォトセッションに応じる。壇上でにぎやかに動き回る6つ子に、観客からは大きな歓声が上がった。さらにイベントでは、6週連続で行われる入場者プレゼントや本編前の前説映像上映、舞台挨拶の情報が明らかに。第1弾入場者プレゼントには、全6種の「描き下ろしコースター(ニートVer.)」が配布される。6つ子のメンバーが週替わりで2人ずつ登場する前説映像は、1週目をおそ松とトド松が担当。舞台挨拶の詳細は以下に掲載した。詳しい応募方法は、公式サイトにて確認を。

「えいがのおそ松さん」は3月15日より全国ロードショー。

「えいがのおそ松さん」初日舞台挨拶

2019年3月15日(金)東京都 新宿ピカデリー
19:00~の回上映前
料金:2500円均一
<登壇者(予定)>
藤田陽一 / 松原秀 / Dream Ami / 18歳6つ子

「えいがのおそ松さん」初週舞台挨拶

2019年3月17日(日)千葉県 イオンシネマ幕張新都心
9:20~の回上映後 / 12:20~の回上映前
料金:2000円均一
<登壇者(予定)>
櫻井孝宏 / 入野自由

(c)赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会 2019

アプリで読む