Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

池松壮亮が新人・細田佳央太を称賛 石井裕也監督最新作『町田くんの世界』メイキング映像公開

リアルサウンド

19/6/4(火) 12:00

 6月7日公開の映画『町田くんの世界』より、メイキング映像が公開された。

参考:映像はこちら

 本作は、『舟を編む』で第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞を含む計6部門を受賞し、史上最年少での最優秀監督賞受賞となった石井裕也監督が、第20回手塚治虫文化賞・新生賞受賞作家の傑作漫画を題材に、主演・超新人×奇跡の豪華キャストで描く人間賛歌。

 岩田剛典、高畑充希、前田敦子、太賀、池松壮亮、戸田恵梨香、佐藤浩市、北村有起哉、松嶋菜々子が脇を固め、1000人超えのオーディションを勝ち抜いた演技経験ほぼゼロの新人、細田佳央太と関水渚の2人が主演を務める。

 公開されたメイキング映像では、演技経験ほぼゼロながら主演に大抜擢された細田が、池松との共演シーンに挑むメイキングシーンと、池松が新人2人との共演について語ったコメントを収録。本映像では、「ひとりだけ異彩を放っていました。この人と組めば間違いないと16歳(当時)に思わせられました」と石井監督に言わしめた細田が、運動神経ゼロの町田くんを象徴する、衝撃の超低速走=“町田走り”を披露するなど体当たりで撮影に挑む姿が収められている。

 池松演じる週刊誌記者・吉高とぶつかり合う重要な場面で、「もっと頑張らないと。(池松に)声量で負けてるから」と石井監督に激を飛ばされていた細田は、「楽しかったですし、いろんなものを、こういう表現の仕方もあるんだっていう意味でいろんなことを吸収させて頂きました」と池松との共演を振り返る。一方の池松は、「すごく良い目をしていて、ちょっとfunny(ファニー)な顔をされていて、ああいう人が主人公の映画って日本映画では中々ないと思いますし、顔が好きです!」と細田の魅力を語っている。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む