Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

“最悪”な生命体の全貌が明らかに トム・ハーディ主演『ヴェノム』日本版ポスター&新予告編公開

リアルサウンド

18/8/1(水) 12:00

 11月2日に日本公開される『ヴェノム』の日本版ポスターと新予告編が公開された。

 本作は、マーベル・コミックで高い人気を誇るキャラクター、ヴェノムが主人公の物語。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のトム・ハーディが主演を務め、ヒロイン役として『グレイテスト・ショーマン』のミシェル・ウィリアムズが出演。そのほか、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のリズ・アーメッド、『チャイルド・オブ・ゴッド』のスコット・ヘイズ、『Veep/ヴィープ』のリード・スコットらが脇を固める。『ゾンビランド』『L.A. ギャング ストーリー』のルーベン・フライシャーが監督を務める。

 公開された日本版ポスターには大きな口を開け長い舌を出したヴェノムの姿が大きく描かれ、大きな文字で「最悪」と書かれたインパクトのあるビジュアルに仕上がっている。

 新予告編では、ハーディ演じる敏腕記者エディ・ブロックが、人体実験で死者を出しているという“ライフ財団”の真相を追う中、ある“最悪な”ものを発見し、接触してしまう模様が。それは“シンビオート”と呼ばれる地球外生命体で、この意思を持った生命体との接触により、エディの体は寄生され、その声が聞こえるようになる。「一つになれば、俺たちはなんだってできる」とシンビオートはエディの体を蝕み、一体化し、ヴェノムとして名乗りを上げる。

 ヴェノムはそのグロテスクな体で容赦なく人を襲い、そして喰らう。相手を恐怖に陥れ、目玉、肺、そしてすい臓……体のどの部位も喰い尽くす。悪党に対し、両手両足の次に顔を食いちぎってやる、と喜々として脅すヴェノム。エディは自分自身をコントロールできなくなる危機感を覚える一方、少しずつその力に魅了されていく。

 ヴェノムと対峙するキャラクターは、先日行われたコミコン・インターナショナル・サンディエゴで発表された“ライオット”。ライフ財団によって作り出されたであろうその悪の存在も、ヴェノム同様、強烈なインパクトで登場する。

 また、本作のムビチケカードが8月10日より発売されることも決定。特典として、オリジナル・ミニフィギュア(巻きつくベロ付き)が数量限定でプレゼントされる。(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play