Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ヌヌ子の聖★戦~HARAJUKU STORY~」初日舞台挨拶の様子。左から中山咲月、久間田琳加、吉田凜音、横田真悠。

吉田凜音と久間田琳加は一家に1台、「ヌヌ子の聖★戦」イベントで西岡徳馬が語る

ナタリー

18/11/16(金) 21:05

「ヌヌ子の聖★戦~HARAJUKU STORY~」の初日舞台挨拶が本日11月16日に東京のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて開催され、キャストの吉田凜音、久間田琳加、中山咲月、内田珠鈴、横田真悠、西岡徳馬、監督の進藤丈広が登壇した。

ファッションカルチャーが生まれる東京・原宿を舞台に、原宿を愛する2人の女の子を主人公とした本作。双子コーデタレント“ヌヌ子”として活動する田原葵と三好里奈は、互いを理解しているつもりだったが、やがて2人の間にすれ違いが生じていく。葵を吉田が、里奈を久間田が演じた。

ヌヌ子の2人について「吉田凜音と久間田琳加そのまま」だったという吉田は、「本人に葵と里奈をプラスして役を作っていきました」と明かす。普段から仲がいいだけに喧嘩シーンが大変だったという久間田は「ビンタとかもちろんしたことないし、あの日の撮影はお互い緊張感があったよね」と回想。すると進藤が「あれ、ビンタしたことなかったんですか?」と2人に話を振り、おもむろにメガネを外してビンタを待つ姿勢に。吉田は「私でいいんですか!?」と戸惑いつつも、「じゃあ、やります!」と覚悟を決め、進藤にビンタを食らわせた。

人気バンドマンであり葵が惹かれていく久保昭久に扮した中山には「ヌヌ子のどちらが好みですか?」という質問が。中山は「どっちもよさがあるんですよ……!」と悩みながらも「正直なところ、葵です」と告白。これに吉田は「イエーイ!」とピースを決め、久間田は「私のほう見たのに!」とショックを受けた様子を見せる。また演技初経験だった内田は「自分以外の人になるのは難しかったけど楽しかったです」と笑顔でコメントした。

吉田と久間田の演技について尋ねられた西岡は「演技してたんですか?」ととぼけるも、「そのくらい自然な演技だったんです。また、この2人が面白くて見ていて飽きないんですよ。一家に1台欲しい!」と独特な表現で称賛。「えええっ!」と驚き焦る2人に、西岡は「あはははは。ほんと面白いんだよ、この子たち」と優しげな視線を向けた。内田と同じく演技初経験だった横田は「何もわからない状態からで……(笑)。みんなから憧れられるカリスマモデルの役だったので、自分が憧れるモデルさんを想像して撮影に臨みました」と振り返った。

最後に進藤は「とにかく登場人物それぞれが魅力的なので、そこを楽しんでもらえたら」とアピール。久間田は「友達同士で来ている人は、観終わったらよりいっそう仲が深まると思います」と語りかけ、吉田は「全国公開されて皆さんに観ていただけるなんて、本当にうれしいです。私にとって大切な映画になっていますので、たくさんの方に届いたらいいなと思います」と感慨深げに述べた。

(c)2018 SAIGATE Inc.

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play