Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ドラマとしての中身を完全無視 『今日から俺は!!』原作でも人気高い“伝説回”を忠実に実写化

リアルサウンド

18/11/26(月) 6:00

 今井(太賀)が理子(清野菜名)の下駄箱に入れた手紙を読んだ三橋(賀来賢人)は、呼び出し場所の公園に先回りし、落ちていたバットを拾い上げる。ところがそのすぐそばには死体が横たわっており、バットには血が。警察にも追われて窮地に追い込まれてしまった三橋だったが、実はすべて今井が仕組んだ罠だと知る。すっかり意気消沈した三橋は、復讐のために廃ビルの一室に今井を監禁するのだった。

参考:三橋姿の賀来賢人【撮り下ろし写真】

 原作でも特に人気の高い“伝説回”として知られている14巻の「今井勝俊逆襲編」から15巻で4話にわたって展開する「三橋vs今井編」を映像化した、11月25日に放送された日本テレビ系列日曜ドラマ『今日から俺は!!』第7話。そもそも1クールを通貫させる本筋がないこのドラマにとって、今回のような原作の“重要エピソード”をどこまで拾い上げるのかが実写化の是非を問う重要なものとなるわけだ。

 数多ある重要エピソードの中でも今回描かれたものは、大きな場面の転換がなく、三橋と今井のやり取りだけで成立させるという、かなり難儀なもの。この実写化は、ある意味で大きな挑戦になったのではないだろうか。殺風景な廃ビルの隣合った部屋で閉じ込められる(三橋はフリをしているだけだが)2人の姿を窓外からや中央に壁を置いた状態で描き出すことで、その差異によって笑いを生み出す。もはや技巧的な秀逸さや演じる2人の演技の魅力が極まって、ドラマとしての中身を完全に無視した、とても贅沢な回だったのではないだろうか。

 「革靴は食べれる」というどうしようもないくだりはもちろんのこと、「バナナの皮ハンブン」や藁や卵の殻といったアイテムに、コミック的で場違いな鋼鉄の登場など、原作の描写を次から次へと忠実に再現。さらに今井が夢の中で『あしたのジョー』の力石徹に扮し、理子が扮した白木葉子から白湯をもらうという名場面のパロディを、実際にアニメで使われた音楽とともに再現するという、いかにも福田作品らしいシーンも織り込まれる。

 そして欠かすことのできない、三橋の卑怯極まりない性格のひねくれ具合と、今井の人の良さ、またビルの反対側の部屋に閉じ込められている谷川(矢本悠馬)と今井が互いの声を幻聴だと錯覚するという絆の深さをもしっかりと描写する。ストーリー上ではドラマ全体に作用せずとも、キャラクターを描くことに注力している本作においては、終盤に差し掛かった今ではなくもう少し早くやってくれても良かったのでは、というのが正直なところだ。

 ところで今回のゲストとして今井を罵るためだけの小学生役で登場したのは、『スーパーサラリーマン左江内氏』で左江内もや夫を演じていた横山歩。そういえば第5話には竹の子族のひとりとして、左江内はね子こと島崎遥香もゲスト出演していたが、ホームページのゲスト出演者ページを見ると左江内英雄こと堤真一の登場も予定されているようだ。他にも浜辺美波と山崎賢人、新井浩文と、残り数話でかなり豪華な面々が登場予定となっているだけに、油断していられない。(久保田和馬)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play