Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

石原さとみが川村エミコと北千住を散策、東京メトロ新CM 曲はDAOKO

CINRA.NET

19/3/29(金) 13:37

東京メトロの企業広告「Find my Tokyo.」シリーズの新CM「北千住_明日へのチャージ」篇が、本日3月29日に特設サイトで先行公開された。

石原さとみがイメージキャラクターを務める「Find my Tokyo.」。2019年度は毎回ゲストを迎えて石原と共に街の魅力を体験していく。

4月1日からメトロ駅構内、車内ディスプレイで順次公開される「北千住_明日へのチャージ」篇では、「温泉ソムリエ」の資格を持つゲストの川村エミコ(たんぽぽ)と共に、石原がラム肉を揚げた「フライドラム」を味わったり、「キングオブ縁側」と称される縁側を持つ銭湯「タカラ湯」を訪れたり、昔の蔵をリノベーションしたカフェ「喫茶 蔵」でくつろいだりする様子が映し出されている。

CMソングは引き続き小林武史がプロデュース。2019年度第1弾はDAOKOとのコラボ曲“ドラマ”となる。DAOKOはCMにも登場。

特設サイトでは、石原がアクリル板でイヤリングを作る様子などを紹介する「チャレンジ動画」が公開されているほか、「Find my Tokyo.」のSNSアカウントでは、石原を起用したCMやポスター情報に加えて、石原へのインタビュー動画などを随時紹介。また「Find my Tokyo.」キャンペーンの想いを伝えるステートメントムービー「Find my Tokyo.2019コンセプト」篇も同時公開された。

小林武史のコメント

今回の曲は、当初「ポップ感」と「アート感」という二軸で、化学反応がどう起こるのかをイメージしていました。
二軸というと「小林武史」と「DAOKO」の共作であること、もうひとつ「地上」と「地下」というイメージも喚起しました。
DAOKOさんと制作をするのは二度目ですが、彼女のモノローグ的アクトにより深みが出てきた感じがしています。
演劇的な要素が強い作品に仕上がったと思います。

DAOKOのコメント

地下鉄のトンネルから抜けた時の光をことばとうたで表現しました。小林さんのつくりだす胸が恋しくなるメロディ
は、たくさんの人が行き交う地下鉄の駅のホームや車内で、いったい自分が誰なのか問いかけてくるようです。

アプリで読む