Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

高橋一生、『僕らは奇跡でできている』クランクアップ 「僕自身救われていたと思います」

リアルサウンド

18/12/11(火) 6:00

 毎週火曜21時より放送中のドラマ『僕らは奇跡でできている』(カンテレ・フジテレビ系)。主人公・相河一輝を演じている高橋一生が最終回の見どころを語った。

参考:要潤が吐露した理想の生き方への葛藤

 本作は、生き物のフシギが大好きな大学講師・相河一輝が周囲の人々を翻弄しながらも、常識や固定観念にとらわれないものの見方で、周囲に緩やかな変化をもたらしていくコミカル・ハートフルドラマ。

 先週放送された第9話の最後、同じ研究室で働く准教授の樫野木(要潤)から「迷惑なんだよ。悪影響なんだよ。ここから消えてほしい」と強烈な一言を浴び、絶句した一輝。12月11日に放送される最終回では、一輝の決断が描かれる。

 樫野木との一件が起きた翌日、大学を休んだ一輝は、恩師である鮫島(小林薫)に辞職を願い出る。一輝の辞職はすぐに新庄(西畑大吾)ら学生たちにも広まり、彼らは一輝を慰留しようと奔走する。学生たちから事情を聞いた育実(榮倉奈々)が、一輝に直接理由を尋ねると、一輝の決断の裏には“ある理由”が隠されていた。

 最終回では、一輝に影響を受けた人たちそれぞれの変化も描かれる。一輝の辞職理由に刺激を受け、あることを始める育実。これまで一輝と少しずつ心の距離を縮めてきた沼袋(児嶋一哉)は、大学を休んだ一輝を心配し、ある行動を起こす。 また「相河みたいになりたい」と発言してきた新庄は、自分の道を見つける。

 最終回の見どころについて、一輝を演じてきた高橋は、「今まで通りです(笑)」とひと言。その上で「僕は、このドラマについて、一輝の周りの人たちが一輝に変えられていくのではなく、それぞれがはじめから持っているものに気づいていく話だと思っています。それってとても尊いことで。人は変わっていくことなんてきっとできなくて、元々あるものを掘り出して、自分の中でハッキリ自覚していく。そういう人間の本来の美しさのようなものが、10話でしっかりとピリオドとして描かれていると思うので、そういうところを少しでも感じてもらえるとうれしいです」と語った。

 今月初め、無事にクランクアップを迎えた高橋。「一輝を3カ月間演じさせていただいて、僕自身救われていたと思います。これが自分の血肉になっていくという感覚もあります。しばらく経ってみて、一輝が僕の中に生きているという感覚が、また出てくるんじゃないかと思っています。ここから一輝が抜けていってしまうのが、惜しいと思ってしまうくらい、離れがたい人間でした」と、一輝との別れを惜しんだ。

(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play