Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

小林研一郎 (c)山本倫子

小林研一郎指揮ハンガリー・ブダペスト交響楽団 炎のコバケンが挑む熱き「新世界」に注目!

ぴあ

19/5/15(水) 0:00

2019年は、日本・ハンガリー外交関係開設150周年の記念年ということで、ハンガリー関連のコンサートが多数開催される中、ひときわ華やかな華やかな公演が、小林研一郎指揮、ハンガリー・ブダペスト交響楽団公演だ。小林が名誉指揮者を務めるこのオーケストラは、45年前に第1回指揮者コンクールで第1位を獲得した際に指揮して以来、長きに渡って共演を重ねてきた特別な存在だけに、感慨もひとしおであろうこと間違いなし。

ソリストには、日本人の父とハンガリー人の母を持つ人気ピアニスト金子三勇士が登場するのも話題の1つ。プログラムには、小林研一郎が得意とするドヴォルザークの交響曲第9番「新世界」&ハンガリー出身のピアノの鬼才フランツ・リストの「ピアノ協奏曲第1番」が予定されるほか、小林研一郎作曲の「ハンガリーへの想い」日本初演も行われるなど、日本とハンガリーの絆を感じる熱い時間が楽しめそうだ。

小林研一郎 Ken-ichiro Kobayashi(指揮者,Conductor)

東京藝術大学作曲科および指揮科卒業。第1回ブダペスト国際指揮者コンクール第1位、特別賞受賞。ハンガリー国立交響楽団(現ハンガリー国立フィル)音楽総監督をはじめ、国内外のオーケストラの数々のポジションを歴任。ハンガリー政府よりリスト記念勲章、ハンガリー文化勲章、星付中十字勲章、ハンガリー文化大使の称号が授与されている。2011年文化庁長官表彰を受け、2013年には旭日中綬章が授与された。現在、日本フィル桂冠名誉指揮者、ハンガリー国立フィルおよび名古屋フィルの桂冠指揮者、読売日響の特別客演指揮者、群馬交響楽団ミュージック・アドバイザー(19年4月より)、九州交響楽団の名誉客演指揮者、東京文化会館音楽監督、長野県芸術監督団音楽監督、東京藝術大学、東京音楽大学およびリスト音楽院名誉教授、ハンガリー・ブダペスト交響楽団名誉指揮者などを務める。国内外のオーケストラへの客演も数多く、日本を代表する指揮者の一人である。

金子三勇士 Miyuji Kaneko(ピアノ,Piano)

1989年日本人の父とハンガリー人の母のもとに生まれる。6歳で単身ハンガリーに渡りバルトーク音楽小学校に入学、11歳でハンガリー国立リスト音楽院大学(特別才能育成コース)に入学。16歳で全課程取得とともに帰国。東京音楽大学付属高等学校に編入し、同大学、大学院を修了。バルトーク国際ピアノコンクールの他、数々の国際コンクールで優勝。第22回出光音楽賞他を受賞。これまでに、ゾルタン・コチシュ、小林研一郎、ジョナサン・ノット等と共演。国内外で広く演奏活動を行っている。NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」にレギュラー出演。キシュマロシュ名誉市民。スタインウェイ・アーティスト。

金子三勇士オフィシャル・ホームページ:http://miyuji.jp/

ハンガリー・ブダペスト交響楽団 MÁV Budapest Symphony Orchestra

1945年、ハンガリー国営鉄道によって設立される。ハンガリーならびにヨーロッパ各地で公演を行い、これまでにハンス・スワロフスキー、フランコ・フェラーラ、クルト・マズア、ヘルベルト・ブロムシュテット、ジェイムズ・レヴァイン等巨匠が定期的に登壇。日本からは小林研一郎が定期的に客演し、現在では名誉指揮者を務めている。この他、パヴァロッティ、キリ・テ・カナワ、ペレーニ、ゲリンガス、メニューイン等世界的な演奏家が客演している。CDはソニー、ナクソス等から多数リリース。

アプリで読む