Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「パンク侍、斬られて候」初日舞台挨拶の様子。

綾野剛が「パンク侍」の危険な撮影振り返る、北川景子は「覚醒してました」

ナタリー

18/7/6(金) 16:20

「パンク侍、斬られて候」の大ヒット御礼舞台挨拶が7月5日に東京・新宿バルト9で行われ、キャストの綾野剛、北川景子が登壇した。

町田康の同名小説を宮藤官九郎が脚色し石井岳龍が映像化した本作は、綾野演じる自称“超人的剣客”の掛十之進を主人公とする時代劇エンタテインメント。綾野、北川のほか染谷将太、東出昌大、浅野忠信、永瀬正敏、村上淳、若葉竜也、渋川清彦、國村隼らが出演している。

綾野と北川が満席の劇場に登場すると、拍手と大歓声が。綾野は「改めて今日この場に立つことができてうれしいです。北川さんとも撮影から今日まで一緒にがんばってきました。本当に感謝でいっぱいです」と真摯に挨拶する。対して北川は「綾野さんはとてもプロ意識が高いんです。自分のことだけでなく、スタッフの方や周りのキャストの方々にも目を配ってくださって。常に雨雲レーダーを見ながら天気のことまで気にかける主演俳優は初めてです!」と綾野のプロフェッショナルな姿勢をたたえた。

続いて、スクリーンでは本作のメイキング映像「メイキングオブパンク侍、斬られて候 ちょこっと編」を上映。「ここでは語れないことが4度ほどありました……」という石井の発言で始まる映像では、キャストが撮影裏で見せたあられもない姿がスクリーンに映し出され、会場は大きな笑いに包まれた。鑑賞後に綾野は「いやー、本当にとんでもない熱量を持った作品だということがわかりましたね。この映像を本編前に付けたらどうですか?」と提案。さらに「ドローンの撮影のときは本当に危なかったし、急な下り坂を大ジャンプするシーンも危なかったんです」と述懐し、「今までの撮影現場の中で一番けがの多い現場でした。実はスタントマンの方に頼ることなく、どのアクションも自分で演じたんです」と明かす。

そして映像の中で「これが私のやりたかったこと」と発言していた北川は「撮影期間中だったから、役に入りすぎてどこか違う世界に行ってたのかなと思う」と冷静に振り返りながらも、「でもすごく楽しかったんです。撮影技法や監督の感覚が今まで経験したことのないものだったので、自分はこういうことがやりたかったんだ!って感じで覚醒してました」と笑顔で述べた。

最後に北川は「この作品から石井組に参加させていただいたのですが、日々の現実から抜け出して、自分の生きたいように生きればいいんじゃないか?とか、もっと自分をどんどん出していこう!というスカッとした気持ちになれました。そんなメッセージも受け取ることができる作品なので、ぜひたくさんの方々に楽しんでいただきたいです」とアピール。綾野は「この作品は、10年後20年後にもし僕が役者を続けていたら、綾野さんや北川さんはとんでもない作品に出演していたんですねと言われるような作品だと思います。何十年経ってもなぜか思い出してしまうような作品になっていると思います」としみじみと話した。

「パンク侍、斬られて候」は全国でロードショー中。

(c)エイベックス通信放送

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play