Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

乃木坂46 西野七瀬、上京して初めて暮らした思い出の地を巡る 「1、2年目の頃を思い出します」

リアルサウンド

18/12/18(火) 12:00

 乃木坂46がオールロケを行う番組『NOGIBINGO!10』(日本テレビ系)12月17日放送回に、わがままセンターとして西野七瀬、盛りあガールとして井上小百合、斉藤優里、和田まあやが出演した。

(関連:西野七瀬センター曲は乃木坂46の歴史を映す鏡 歴代MVからアイドルとしての歩みを辿る

 同番組では、毎回メンバーの1人を“わがままセンター”に選抜し「普段はガマンしているやりたいこと」をオールロケで行う。また、ロケに同行するメンバーたちは、“盛りあガール”として、わがままセンターのやりたいことを全力で応援していく。

 まもなく卒業する西野。番組冒頭、進行役のイジリー岡田に西野の卒業について聞かれると、井上は「乃木坂のメンバーって仲が良くて、卒業後も会ってるんですよ。実感がわかないというか……」とコメント。斉藤は「寂しいですけど……あんまり考えないようにしてます」とし、和田も「いなくなっちゃうっていうのが実感がわかなくて」と話した。

 今回西野のやりたいことは「西葛西をガマンしない」。西葛西は、乃木坂46活動のため初めて寮生活をした場所だという。そこで、西葛西を楽しむために思い出の地を歩きながら写真を撮っていくことに。メンバーはそれぞれカメラを持って写真を撮っていく。

 当時、メンバーでよく行っていたのが『小僧寿し』。西野は「貝柱、ホタテ、大学イモを頼んでいた」とし、井上は「手巻きを買って寮や現場に持ち帰って食べていた」と明かす。また、寮にいた際、メンバーは互いの部屋によく行き来していたという。斉藤は「西野のベッドで一夜をともにしたことがある」と話すと、イジリーが「部屋は綺麗にしてた?」と質問。西野は「しょっちゅうお母さんに来てもらって掃除してもらってました」と当時を振り返った。

 続いて思い出の店だという『とり鉄』に。同店には当時から働いていた店員が登場。店員は「最初は乃木坂46だと知らなかった」「かわいい方が多かったのでアイドルの卵だと思っていて、“アイドルエッグ”って呼んでました」と明かす。イジリーに「よく来ていたメンバーは?」と聞かれると、店員は「衛藤美彩さんとか。ひとりでカウンターでお酒を飲んでたりしてました」と答えた。また、思い出の焼き鳥を堪能した西野は「上京当時の記憶がいっぱいあるので、1、2年目の頃を思い出します」と感慨深く語った。

 最後にイジリーから『NOGIBINGO!』での思い出写真がプリントされたブリーフをプレゼントされ、番組は終了。なお、次回放送はまだ未定とのこと。(向原康太)

アプリで読む