Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ヤン・イクチュンをつくる映画~国境を越える映画人~

ヴィンセント・ギャロ自身の“愛”と“孤独”を感じた『バッファロー’66』

月1回

第8回

19/6/24(月)

今回イクチュンさんが語るのは、1998年製作、日本では翌1999年に公開され、いわゆる“ミニシアター作品”として特大ヒットを記録した『バッファロー’66』。監督、脚本、音楽、主演をひとりで手がけたヴィンセント・ギャロは、この作品で一躍時の人になりました。

イクチュンさんも本作には思い入れが強いようで、たっぷり語ってくれました!

これまでの映画にはない
独特な表現方法が魅力的だった

Everett Collection/アフロ

─── 『バッファロー’66』を選んでいますね。

ヤン ヴィンセント・ギャロは日本では知られていますか?

─── ええ。日本には彼のファンが多いです。ひょっとしたら、本国アメリカより、日本の方が多いかもしれません。

ヤン 映画人としてだけではなく、モデルやミュージシャンとしても活動していますよね。監督作ではご自身で音楽も付けていますし。ユニクロとコラボしていたTシャツは買いましたよ。

─── 普通のファンじゃないですか(笑)。

ヤン この映画は1日の出来事を描いていますが、表現方法がすごく独特。撮影感覚、色合いも雰囲気も、これまでの映画にはなかったものですよね。次の監督作『ブラウン・バニー』も好きなんですが、カンヌ映画祭で酷評されて、かなり非難も浴び、インタビューでは泣いてしまって、「もう次の映画は作らない」と言うまで追い込まれてしまいました。可哀想です(ここだけ日本語で)。

アプリで読む