Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- I プロローグ×ユキノジョウ×タイガ」初日舞台挨拶の様子。

これを待ってた!キンプリ新作に寺島惇太、内田雄馬、斉藤壮馬、畠中祐らが自信

ナタリー

19/3/2(土) 21:09

「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- I プロローグ×ユキノジョウ×タイガ」の初日舞台挨拶が、本日3月2日に東京・新宿バルト9にて開催された。

「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」は、新作テレビアニメ12話を3話ごとに集約した全4編からなる劇場編集版。本作はその第1弾にあたる。朝9時の回上映前のイベントには、一条シン役の寺島惇太、太刀花ユキノジョウ役の斉藤壮馬、香賀美タイガ役の畠中祐、十王院カケル役の八代拓、鷹梁ミナト役の五十嵐雅、西園寺レオ役の永塚拓馬、涼野ユウ役の内田雄馬、如月ルヰ役の蒼井翔太が登壇した。

すでに本作を10回鑑賞したという寺島は「超面白いですね! また観たいと思いますし、全然飽きません!」と明かす。内田は「ひさしぶりなんですけど、相変わらずだなあって(笑)。みんなこれを待ってたんだよーという感じです」と、八代は「自信を持って愛していただける作品ができた」と作品の完成度に胸を張った。蒼井は2018年6月に行われたイベント「KING OF PRISM Rose Party 2018」に言及しながら「あのライブで皆さんのパワーをたくさんいただいたからこそ、素敵な作品ができたんじゃないかと思います」とファンに感謝を伝えた。

ユキノジョウとタイガにスポットが当たる本作。斉藤は「ジャンプするためには1回屈まなければいけない。その苦しみや挫折を乗り越えた先でキャラクターが飛ぶ最高のジャンプを、見届けていただければ」と、“プリズムジャンプ”にかけて本作をアピール。畠中は「歌、プリズムショーが、マジでやばいです。ここ2人(自身と斉藤)が激アツでした!」と興奮した様子で語り、「あの人との出会いも……」とほのめかして共演者たちからツッコミを受けていた。五十嵐は「みんなでジャンプしてこうぜ!」と会場を盛り上げ、永塚は「推しのカッコいい姿やかわいい姿が観れて色とりどりな作品になっているので、ぜひ何回も観てください」と観客に呼びかける。

最後に寺島が「演者もスタッフも一丸となって最高のジャンプを作品に込めました。今年はキンプリ一色に!」と挨拶し、イベントは終了した。

(c)T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ / キングオブプリズムSSS製作委員会

アプリで読む