Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

大森南朋が民放連ドラ単独初主演 松雪泰子、仲村トオルら共演で韓国ドラマ『サイン』リメイク

リアルサウンド

19/5/28(火) 5:00

 大森南朋主演の法医学サスペンス『サイン―法医学者 柚木貴志の事件―』(テレビ朝日系)が7月よりスタートする。

 本作は、最高視聴率25.5%を記録した韓国の大ヒットドラマ『サイン』を大森主演でリメイクしたもの。遺体の声なき声に耳を傾け続ける法医学者たちが、不都合な“事実”を隠ぺいする権力社会に立ち向かっていく。テレビ朝日のロングランシリーズ『法医学教室の事件ファイル』や昨年放送のドラマ『アンナチュラル』(TBS系)などでも取り扱われた人気ジャンル“法医学”を軸に、“真の正義とは何か”を問う。

 2011年に放送された韓国版『サイン』は、韓国で初めて法医学を扱ったドラマとして話題になり、最高視聴率25.5%を記録。「大韓民国コンテンツアワード」の放送映像グランプリ分野で大統領賞も受賞している。韓国版は実在の法医学鑑定機関「国立科学捜査研究院」を舞台とし、国や権力の息がかかりやすい状況下での攻防戦を描いたが、日本では該当する国家機関がないため、「日本法医学研究院」という、厚労省・警察庁共管の架空組織を設定。法医学の現場で実際に起こりうる、第三者による解剖結果への“干渉”や“忖度”を国レベルに押し上げ、物語をダイナミックに揺り動かしていく。

 本作の中心人物を演じるのは、民放連続ドラマ単独初主演となる大森をはじめ、松雪泰子、仲村トオル、飯豊まりえ、高杉真宙。大森は愚直なまでに真実と正義を追求する偏屈かつ無頼な解剖医・柚木貴志を、松雪は女性初の捜査一課長を目指す野心家管理官・和泉千聖を、飯豊は柚木の助手となる新人解剖医・中園景を、高杉は生意気だが正義感あふれる千聖の部下・高橋紀理人を熱演。そして、そんな彼らの前に立ちはだかる、権力に寄り添う国立大の法医学教授・伊達明義を仲村が演じる。(リアルサウンド映画部)

アプリで読む