Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から遠藤憲一、宮藤官九郎。ヘアメイク / 南里真衣 スタイリング / 伊藤美恵子(遠藤憲一)、 ChiyO[CORAZON](宮藤官九郎)

遠藤憲一「台本の段階でゲラゲラ」、宮藤官九郎と主演ドラマを振り返る

ナタリー

18/11/11(日) 12:30

明日11月12日に放送開始となるドラマ「遠藤憲一宮藤官九郎の勉強させていただきます」で主演を務める遠藤憲一と、脚本を担当した宮藤官九郎のコメントが到着した。

遠藤と宮藤が“名俳優たちの役作り”を勉強するために企画された本作は、遠藤が本人役で出演するワンシチュエーションコメディドラマ。遠藤が刑事・諸井情として出演するサスペンスドラマの撮影現場でトラブルが発生し、たまたま近くにいた俳優たちに急遽オファーをすることから物語が展開する。ゲスト俳優として小栗旬、仲里依紗、加藤諒、高畑淳子、野村周平、水野美紀、高嶋政伸、桃井かおりがキャストに名を連ねた。

遠藤とタッグを組んだ理由について宮藤は「遠藤さんはすごくチャーミングな方なので。遠藤さんなら僕と一緒に『勉強になりました』と言ってくれそうだなと思ったんです」と明かす。さらに「今回、遠藤さんが受けの立場でやる芝居というのは、書いていて新鮮でした。最初に打ち合わせをしたときに、刑事もので情にもろいという設定で行こう、となったんですが、わりとその段階で完成形が見えていたのかもしれません。そういう設定さえあれば、ゲストに誰が出ても遠藤さんは受けとめてくれるんだろうなと思いました」と述べた。

対する遠藤は宮藤について「いざ台本を書くとなるとぶっ飛んだことが入ってくる。頭の中はどうなっているんだろうなと感じました」とコメント。また「俺はまず台本の段階でゲラゲラ笑っていたから。ただ台本がこれだけ面白いと、このクオリティは落としちゃいけないと思う。これは本当にプレッシャーでしたね」と当時の心境を語り、ゲストのアドリブも続々と飛び出した撮影現場の様子を「ゲストの方々がものすごいところから台本にプラスアルファしたエネルギーをぶっ込んでくる。これはもう泣いたり、笑い転げたりとか、俺がゲストに振り回されるような作品でもいいのかなと思いました」と振り返った。

続けて宮藤は「現場の空気が『お前はどうするんだ』と。そういうのを引き出しているんでしょうね。普通のドラマと違った緊張感がありました。今回はいかにして大真面目にバカなことを言うか。それにかかっていると思いました」と回想。遠藤は“受け”の芝居となった本作について「難しかったですけど、すごく勉強になりました。この歳になってそういうことを学ぶとは思わなかった。俺にもまだ伸びしろがあったんだなと思い、新しいチャレンジをさせてもらいました」としみじみ語った。

全7話の「遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます」は、WOWOWプライムにて毎週月曜24時からオンエア。第1話は無料放送される。

遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます

WOWOWプライム 2018年11月12日(月)スタート 毎週月曜 24:00~
※全7話
※第1話は無料放送

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play