Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

高橋一生と榮倉奈々の対照的な姿 『僕らは奇跡でできている』は“多角的な見方”がテーマに

リアルサウンド

18/10/10(水) 6:00

 火曜ドラマ『僕らは奇跡でできている』(カンテレ・フジテレビ系)が10月9日に初回放送を迎えた。民放ゴールデン・プライム帯の連ドラ初主演となる高橋一生が演じる、生き物のフシギに夢中な大学講師・相河一輝の日常を描く本作。個性豊かなキャラクターを榮倉奈々、要潤、児嶋一哉らが演じ、コミカルな作品となった。

 相河一輝は生き物が大好きな変わり者の大学講師。時間にルーズであったり、人と円滑にコミュニケーションが取れなかったりと、人として足りていない部分が多い。そのせいで人を振り回してしまい、怒らせてしまうこともしばしばあった。一方、相河が出会うしっかり者の歯科医師・水本育実(榮倉奈々)は相河と正反対で、いつも“正しい”ことを軸に動いている。約束はしっかり守り、何事にも真正面からぶつかっていく。ついその正しさを振りかざしてしまうことで、人から疎まれてしまうこともあった。

 イソップ寓話の『ウサギとカメ』が引き合いに出された第1話は、様々なシチュエーションでの“本質”について問いかける物語となった。正解を出すことが「答え」のあるべき姿ではなく、話者の言葉で話者の気持ちが伝われば良いという相河の考えに感服する視聴者も多かったように思える。劇中で相河は、このイソップ寓話について、水本に「先生はうさぎみたいですよね」と言う。その後、相河自身の解釈した『ウサギとカメ』について「カメは前だけを見て、ゴールも勝負も考えずに前に進むことを楽しんでいる。ウサギはカメを見下すために走っている」と説明したが、その解釈はちょうど水本が悩んでいた「人を見下す」ということとリンクしてしまった。

 水本のように真っ直ぐで努力を惜しまない人ほど、つい「正しい」ということに拘ってしまうのだろう。仕事を頑張って、良い結果を求め、時間を守り、正確に患者対応を続けても、報われないどころか、恋人から「人を見下している」と言われてしまう水本。彼女の不器用さは、ベクトルは違えど相河の不器用さと通ずる部分があった。劇中の解釈で言うなら相河はカメだ。しかしその視野の狭さから人に迷惑をかけたり、怒らせたりと、呼び起こす結果は水本と同じである。どちらが“正解”の姿なのかの答えはないのだろう。

 本作のテーマは「常識にとらわれず多角的なものの見方をする」であるように思えた。その結果、相河のような自由気ままで個性的な視点から物事を捉えられる人物は評価されやすい。現実の世界でも、そういった性格は“個性的”、“才能がある”などと評価の対象になる。しかし今一度、水本のような愚直で努力を惜しまない人間の強さや真っ直ぐさにも目を向けてほしい。本作のテーマである「多角的な見方」を受け入れるなら、相河のような個性を受け入れる一方で、水本のような真っ直ぐな個性も受け入れられ賞賛されるべきではないだろうか。対照的な2人であるが、タイプは違えどどちらも輝くものを持っている。これからの展開で、それぞれの持つ個性がどのように光るのか注目したい。

■Nana Numoto
日本大学芸術学部映画学科卒。映画・ファッション系ライター。映像の美術等も手がける。批評同人誌『ヱクリヲ』などに寄稿。Twitter

■放送情報
『僕らは奇跡でできている』
カンテレ・フジテレビ系にて、毎週火曜21:00~21:54放送
出演:高橋一生、榮倉奈々、要潤、児嶋一哉、西畑大吾(関西ジャニーズJr.)、矢作穂香、北香那、広田亮平、田中泯、トリンドル玲奈、阿南健治、戸田恵子、小林薫
脚本:橋部敦子
音楽:兼松衆、田渕夏海、中村巴奈重、櫻井美希
演出:河野圭太(共同テレビ)、星野和成(メディアミックス・ジャパン)、坂本栄隆
プロデューサー:豊福陽子(カンテレ) 、千葉行利(ケイファクトリー)、宮川晶(ケイファクトリー)
主題歌:SUPER BEAVER「予感」([NOiD] / murffin discs)
オープニング曲:Shiggy Jr.「ピュアなソルジャー」(ビクターエンタテインメント)
制作協力:ケイファクトリー
制作著作:カンテレ
(c)関西テレビ
公式サイト:https://www.ktv.jp/bokura/index.html

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play