Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『天気の子』製作報告会見

新海誠監督『天気の子』、今月公開もまだ完成せず「全力で作業中。損はさせない」

ぴあ

19/7/2(火) 19:22

新海誠監督の最新作『天気の子』の製作報告会見が7月2日、六本木・東京ミッドタウンホールAで行われ、新海監督をはじめ、2000人参加のオーディションで主演声優を勝ち取った醍醐虎汰朗と森七菜、共演する本田翼、主題歌と劇伴を担当したRADWIMPS(野田洋次郎、 桑原彰、武田祐介)、川村元気プロデューサーが出席した。

新海監督にとっては、国内興収250億円超えの大ヒットを記録した『君の名は。』(2016年公開)以来の長編アニメーション。天候の調和が狂っていく時代に、東京からやって来た家出少年の帆高(醍醐)と、「祈るだけで空を晴れにできる」不思議な力を持つ少女・陽菜(森)が自らの生き方を“選択”する。

今月19日に全国公開を控える本作だが、現時点でも作品は完成しておらず、新海監督は「お恥ずかしい話ですが、今もスタッフ一丸となって、全力で作業中。なかなかシビれる状況です」と進捗報告。それでも「とてもいい状態のフィルムが出来上がっている。エンターテインメント作品として、絶対に損はさせない」と自信を示し、「その上で、東宝の夏休み映画としては、王道とは少し違うところで、見終わった後に意見が分かれるかなと。いろいろな疑問を投げかける内容になっている」と謎に包まれた全ぼうを垣間見せた。

この発言に『君の名は。』に続くタッグを組んだ野田は、「脚本を読ませてもらい、新海さんらしさと同時に、意外性も感じた。もうちょっとわかりやすくマスに向かうのかと思ったが、すごく攻めていて、賛否を巻き起こすんだろうなと。そこにグッと来たし、より好きになりました」と語り、「だからこそ、この作品を通して、僕が出せるものは全部出そうと決めた」と全幅の信頼を寄せていた。

「まだ完成した作品を見ていないが、愛について考えさせられ、家族や友人、身近にいる人を大切にしようと気づかせてくれる作品。プレッシャーもあったが、僕にとっては人生のターニングポイントになった」(醍醐)、「新海監督の優しい言葉に包まれながらのアフレコだった。自分も新海監督の作品の歴史に参加できたのかと思うと、うれしさがこみあげる」(森)とフレッシュな主演2人は感慨しきり。本田は「アニメーションなのに、空気まで感じるのが新海監督の魅力。本当に細部までこだわり、(空気感を)醸し出しているのがすごいなと思いました」と話していた。

本作は東宝初の試みとして、封切り日の7月19日午前9時から、上映全劇場359館にて初回一斉上映を実施。また、全世界140の国と地域に向けた配給も決定している。

映画『天気の子』スペシャル予報

取材・文・写真:内田 涼

『天気の子』
7月19日(金)全国公開

アプリで読む