Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

DOBERMAN INFINITYが語る、“5人で歩んできた5年間”の絆「誰ひとり欠けていたくない」

リアルサウンド

19/6/24(月) 7:00

 今年6月24日で結成5周年を迎えるDOBERMAN INFINITYが、その2日後の6月26日にキャリア初となるベストアルバム『5IVE』をリリース。5人で歩んできた5年間の集大成イヤーを盛り上げる1発目の狼煙を上げた。7月14日には3回目となる主宰フェス『D.Island 2019』を横浜・山下埠頭 特設会場にて開催し、11月にはデビュー以来の目標だったアリーナツアーも決定するなど、彼らの勢いは増すばかりだ。今回のベストアルバムではアリーナツアーに向けたおさらいを促しつつ、予習として新曲も6曲収録。DOBERMAN INC時代の盟友TOMOGENと後輩のBALLISTIK BOYZを客演に迎えた話題の曲「D.I till Infinity feat.TOMOGEN, BALLISTIK BOYZ」も収められている。今回の新曲に5人はどんな思いを込めたのか。5年間でターニングポイントになった曲や『D.Island 2019』に向けた意気込み、さらにアリーナツアーに向けた展望も語ってもらった。(猪又孝)

P-CHO「ぶちかましている姿をイメージ」

――今回のベストアルバムは過去のシングル曲を中心にしつつ、新曲が6曲も入っていることが嬉しい驚きでした。

SWAY:曲は常に作っているんですけど、リリースもせず、溜まっていき、気付いたら6曲もあったんです。ただ「5IVE」だけはこのベストアルバムのために作りました。

KUBO-C:あとはタイアップで使ってもらってた曲もあるので、それをどこに収録していくか? というところもあって。このベストに収録するのがいいタイミングだろうと判断しました。

――書き下ろしの「5IVE」はどんなイメージで作ったのでしょうか?

P-CHO:「5IVE」はO.M.W(OLDMAN WILDEN’/P-CHO、JAY’ED、NAOtheLAIZAによるプロデュースチーム)としてプロデュースさせてもらいました。今年のドーベルのテーマが「5IVE」なんです。5人で歩んできた5年間をぶつける1年。そのため、5人が夢だったアリーナのステージに立って思いっきりぶちかましている姿をイメージして作りました。

――悲願だったアリーナツアーをド派手に盛り上げる曲になりそうです。

P-CHO:この5人だから、ひとりでは見られなかった夢を見ることができたし、ひとりでは叶えられなかった夢を叶えることができた。今まで音楽をやってきて、別れたくなかった人と離れることも経験しましたけど、僕がこの曲でいちばん大事にしたかったのは、この夢を叶えるときには誰ひとり欠けていたくないという思いなんです。僕らはいつもライブ前に円陣を組むんですけど、5人の5本指が重なってる姿をイメージしたし、スタッフも、仲間も、ファンの人たちが僕らに向けて掲げてくれる手も含めて、自分たちが5年掲げてきた夢の景色を全員で見たい。その思いをこの曲に込めたんです。

――リリックはP-CHOさんがひとりで書いたんですか?

P-CHO:言いたいことが溢れだしてきたので全部僕が書きました。冒頭のKAZUKIのパートは壁にブチ当たったイメージ。DOBERMAN INC時代にTOMOGENが辞めるとなって、そのとき感じていたことを歌詞に入れたんです。夢なんてクソ喰らえと歌ってますけど、どういうことや! みたいに捨て鉢になったこともありますし。でも、この5人が集まったときに凍っていた氷が一気に溶けたような感覚になったんです。止まっていた時間が動きだした。だから、KAZUKIの次にビートが鳴り出すところはそういうイメージで描きました。そして、ラップパートに入ったら5人がもうアリーナのステージに立っている、みたいな。そういう歌詞の流れがパッと浮かんだんですよね。

――本作には、TOMOGENさんとBALLSTIK BOYZを迎えた「D.I till Infinity」という新曲も入っていますね。

GS:BALLISTIK BOYZは結成前の人選の段階から関わらせてもらってるんですけど、改めてBALLSTIK BOYZとドーベルで新旧の橋を架ける曲を作るのもいいんじゃないかと話してたんです。そしたらHIROさんが「TOMOGENも入れてやったら面白いんじゃないの?」ってポンとアイデアを出してくださって、「え!? それアリなんや」って。逆に自分たちからは浮かばなかったことなので、HIROさんの一言で「これは面白いことができるぞ」と思いました。

――この曲は昨年の日本武道館ワンマンで初披露され、ステージにTOMOGENさんが登場したことも話題となりました。オリジナルメンバーの3人は、武道館でTOMOGENさんと一緒にステージに立って、どんな思いでしたか?

P-CHO:TOMOGENが出てきたときの歓声がすげえと思わへんかった? 武道館がどよめいたときに「おぉー!」って、俺もステージに立ってて思いました。

GS:あのときはあえて衣装も白Tにしてダボダボのパンツでティンバーランドを履いたんですよ。

――INCがデビューした頃、2000年代初頭に流行っていたファッション。

GS:そう。当時のB-BOYのファッションで(笑)。それもあってかINCの頃が走馬灯のように甦ってきて感慨深い瞬間でしたね。武道館で当時のことを思い出すっていう。

――ライブではDJがINC時代の曲を次々にかけていって、パッと音が止まったところで白T姿の3人が登場。そこにTOMOGENさんを呼び込んで、「O-TOWN SWINGA」を歌いました。

GS:「O-TOWN SWINGA」は、当時もすごく盛り上がる曲だったんです。しかも、TOMOGENとMABUで書いてる曲で、僕らはもともと参加してないんです。その曲を改めて間近で聞いて武者震いしました。そこにSWAYとKAZUKIが加わって、さらにBALLISTIK BOYZ が出てきて……という。なんか天国から自分が生きた歴史を眺めてるような感覚でした(笑)。それくらい歴史がいろいろ詰まってて。

KUBO-C:しかも、「D.I till Infinity 」にはINC時代のリリックを結構使ってるから。

P-CHO:そう。DOBERMAN INC時代のリリックを、あえてBALLISTIK BOYZ のところに入れたりとか。

――SWAYさんとKAZUKIさんは「D.I till Infinity」の途中でコールされてステージに登場しましたが、あのときはどんな気持ちでしたか?

SWAY:僕はステージよりも、リハーサルのときの方の印象が強いですね。リハのときもイヤモニしてたんですけど、INCのアーカイブからどの曲をやるか? って4人で話してる様子が聞こえてくるんですよ。あの時間と会話が何とも言えなかったですね。

KAZUKI:普段5人でやってるときは、音楽を伝えるうえで上下関係はないと思ってるんですけど、あのときばかりはさすがに格下の小僧が出ていく感じでしたね(笑)。TOMOGENさんと一緒にステージに立てることはないと思ってましたからそこに自分が入っていくのは不思議だったし、「うわ、すげえところに今から歌いに行くんだな」と4人の後ろ姿を見ながら思ってました。

KUBO-C「『あの君』は多くの人に届いた」

――結成からの5年間を振り返り、音楽面でターニングポイントになったと思う曲をそれぞれ挙げてもらえますか?

KUBO-C:俺は「あの日のキミと今の僕に」。

P-CHO:俺も「あのキミ」がパッと浮かんだな。

KAZUKI:あと、「SAY YEAH!!」もデカかったですね。

SWAY:俺は「SAY YEAH!!」か「JUMP AROUND ♾」なんだよなぁ。

GS:俺は「99」。ベストには入ってないけど。

――まずは「あの日のキミと今の僕に」を挙げた理由から教えてください。

KUBO-C:俺はああいう感じの曲をやるとは思ってなかったんです。もう生涯レベルで。俺の人生プランにはなかった。だからこそ、あのタイミングでやるとなったとき俺の中では革命レベルでした。だからこそ、ターニングポイントになってるんだと思います。

――「あの日のキミと今の僕に」でドーベルがどう変わったと思っていますか?

KUBO-C:普段ドーベルのことを知らなかった人も知ってくれたりとか。より多くの人にあの曲は届いたんじゃないかなって思ってますね。

P-CHO:出す前に「もう、これはヤバイやろ」という自信がまずあったんです。「これは絶対ええ曲。頼むから世の中の人にめっちゃ届いてくれ」って。そう思える曲と出会えたことがターニングポイントですし、「ALL ROUND HIP HOP

」というテーマを掲げているドーベルの「ALL ROUND」という輪っかが「あのキミ」で広がった気がしますね。自分が大好きなヒップホップとバラードというものがあそこまでうまく融合するのかと、音楽人生の中でも勉強になりました。俺たちのヒップホップ感と音楽性を崩さずに表現できた、本当にドーベルにしかできない楽曲だと思います。

――KAZUKIさんが「SAY YEAH!!」を挙げた理由は?

KAZUKI:世の中のたくさんの人に聞いてもらえた最初の曲が「SAY YEAH!!」だったと思うんです。デビューして2年目に出した曲なんですけど、フェスとかイベントで全国を回って、「SAY YEAH!!」を歌うと盛り上がる感覚があったし、あのタイミングであの曲調というのが今のドーベルに繋がってるんじゃないかと思うんです。

――SWAYさんはどっちの曲にしますか?

SWAY:「JUMP AROUND ♾」かな。今でも覚えてるのは、福岡の大きいフェスで初めて「JUMP AROUND ♾」を披露するときに、むちゃくちゃドヤ顔で「House Of Painの『JUMP AROUND ♾』を日本語で公式にカバーしました!」って言ったら誰も知らなくて。会場がシーン……だったんですよ。

KUBO-C:アレはヤバかったね。

SWAY:いざやっても誰もその曲を知らないという。「なるほど、こりゃあゼロからこのシーンを作り直しだな」と。

――自分たちとしては当たり前に知ってるほどの大クラシックだけど、自分たちを観に来るお客さんたちには全然知られていない。その悔しさがバネになった、という意味でターニングポイントなんですね。

SWAY:そうなんです。有名曲ということで、最初から50、60のパワーがある曲だと思ってたけど、クラブに行かない人たちにとっては初めて聞く曲でもある。その衝撃からのスタートだったんです。そこからこの曲をどんどんライブでやり続けて自分たちのモノにしたという思い出があるんです。

――GSさんが「99」を挙げた理由は?

GS:DOBERMAN INFINITYとして1曲目に作った「INFINITY」は『GTO』(フジテレビ系)というドラマのタイアップだったこともあって、ドラマの世界観にある「いくぜ!」っていう男感で作ったんですけど、その次に作った「99」は本当にライブを意識して作った第一号だったんです。作るときにイメージしたのは、目の前に水着の男女がいて、その人たちをどうやったら盛り上げられるかっていうこと。今でも僕たちは曲を作るときにライブを意識し続けているし、「99」がそのスタートだった。「99」があったから「SAY YEAH!!」もできたと思うんです。「SAY YEAH!!」は、「99」を超えるサマーソングの代名詞を作ろうっていうことでできた曲だったから。ライブを大事にするドーベルにとって、「99」は核になるものが生み出せた瞬間だったなと。今でも大きなライブでは欠かせない曲ですし、今回のベストに入ってないのが残念だと思うくらいの一曲なんです。

SWAY「影の暴れん坊はCHOさん」

――5年間で5人の役割も固まってきたように思います。ライブや楽曲制作における各々の役割を改めてお互いに紹介してもらえますか。

GS:SWAYは特攻隊長ですね。ライブだとSWAYが一番先に出ていくことが決まってるし、楽曲でも1バース目を歌うことが多い。ライブでも音楽面でも最初に出ていって火を付けてくれる役だと思います。あと、締める役もできるんですけど、乱す役もいちばんできるんです。ライブでは「#PLAY」という曲の前に大事なメッセージを伝えることが多いんです。そういうときはすごく真面目に……役者もしてるからそういうのも上手くて。だけど、ふざけるのも誰より上手。本当にこの人は暴れん坊です(笑)。

SWAY:影の暴れん坊はCHOさんだと思ってます(笑)。僕らのライブを知ってる人は「いやいや、P-CHOが暴れん坊でしょ」と思ってるはず。ステージに上がった途端のCHOさんの変貌ぶりが好きなファンは多いと思います。

――楽曲制作においてはP-CHOさんが柱ですか?

SWAY:CHOさんは博士ですね。USの楽曲の曲名とかアーティスト名とかすごく細かく覚えてる。ジュークボックスみたい(笑)。

GS:CHOちゃんは最新の流行りにいちばん敏感でアンテナが高い。ホンマに記憶力が素晴らしい。

KUBO-C:古い曲もメッチャ知ってるしな。

SWAY:あと、運転しないんですけど、車にメッチャ詳しいんです(笑)。街を走ってる車を見て「アレはどんなタイプがある」とか。すごいんですよ、細かくて。CHOさんその知識いる? って(笑)。

KUBO-C:ただ、CHOちゃんは音楽の曲名、アーティスト名、車……それ以外は何もないです。それ以外、覚える機能はついてない(笑)。

――じゃあ、CHOさんはKAZUKIさんの紹介をお願いします。

P-CHO:KAZUKIは唯一のボーカリストなんで、ライブではセンターのイメージがありますね。なんならドーベルの50%を俺ら4人で構成してて、残りの50%をKAZUKIひとりで担ってるくらいの感覚。

GS:背骨やな。

P-CHO:そう、本当に背骨ですね。楽曲作りに関しても年々、彼はクリエイティビティーが上がっていて、音楽家として成長してる。歌の部分は任せてくださいという、ライブと同じ50%の存在感を感じるし、自分たちの音楽性をひろげてくれる存在ですね。

KAZUKI:ドーベルの良さはMCにもあると思っていて。その部分の先頭を行くのがKUBO-Cさんですね。俺はいつも横向いて「ああ、すげえな」と思いながら笑ってるんですけど。

――MCでのオモシロ係ということですか(笑)?

GS:言葉は悪いけど、お笑いテロリストですね(笑)。

KAZUKI:でも、そういうお笑いの要素があるぶん、真剣なときのKUBOさんの顔はグサッと来るんです。真剣にラップしたらメッチャかっこいい。そのギャップがすごいなと。ライブではKUBOさんの恒例になってる行事があるし(笑)、音楽面ではどんな曲を歌ってもKUBOさんがバシッと重みのある声でラップしてくれると曲が締まる。欠かせない男ですね。

KUBO-C:MC中は、僕は結構ふざけてることが多いんですけど、「そろそろ時間だぞ、喋りすぎだぞ」ってしっかり合図をくれるのがGSですね。

――進行役。

KUBO-C:そう、司会進行役。話が長くなると「長いぞー」って切ってくれたりするし、ライブのリハのときも客席に行って全体を見てくれたりする。だから舞台監督であり、メインMCですね(笑)。

SWAY:ただ、言っちゃいけないことを言う確率もGSさんがいちばん高い(笑)。

KUBO-C:情報解禁してないことを言う。だいたいいつも生放送で下ネタを言いがち(笑)。

GS:でも、俺から言わせてもらうと、ふざけたくてもふざけられないんですよ。俺とCHOちゃんでその場を締めるんで。でも、代わってもらえるなら俺もちょっとふざけたい(笑)。これが5年目の真実です。

――曲作りのときの役割は?

KUBO-C:GSは、曲作りのときも全体を見てますね。僕とかは固執して走りがちですけど、「こうした方が聞き取りやすい」とか「一般の人にわかりやすい」とか、そうやって全体を広い目で見られる。

 GS「5年間の軌跡をすべて出し切りたい」

――7月14日には『D.Island 2019』を開催します。今回で3回目となりますが、どんなものを見せたいと考えていますか?

GS:1年目は屋内の新木場スタジオコースト、去年は山梨県の屋外でやって、やっぱり『D.Island』には大きな空と風と太陽が絶対必要だなと思ったんです。今回は横浜の山下埠頭の特設会場でやるので真横が海だし、最高のロケーションなんですよ。この2年間、正直手探りでやってきて、ある程度自分たちの中で「D.Islandってこれだよね」っていう答えがひとつ見えたので、それを今年は表現したいと思ってます。『D.Island』ってこれだから面白いよね、これだから楽しいよねって言ってもらえる『ザ・D.Island』を作りたいですね。

――11月に控えたアリーナツアーは、今回のベストアルバムの曲が中心になりそうですか?

KUBO-C:そうなると思います。

SWAY:これまでのツアーでは最後を「ON WAY HOME」で締めるのが恒例になってるんです。でも、今回のベストに入れた「We can be the light」は、次の「ON WAY HOME」っていうイメージで作った曲なんです。だから、どういう締まり方になるんだろう? という楽しみはありますね。

――5年間追い続けていた夢のステージですし、気合い入りまくりの熱のこもったライブになることを期待してます。

SWAY:張り切りすぎて1曲目で声をからさないように気をつけないと(笑)。

P-CHO:追い込みすぎないようにね。でも、すごい感情的になりそうやね。

GS:俺もう絶対泣く自信あるもん(笑)。

SWAY:まあ、これまでに数々泣いてきましたもんね(笑)。

GS:でも、今度のアリーナツアーでDOBERMAN INFINITYとして背負って来たものを下ろせるかな? とも思っていて。ようやく呪縛から解かれるというか。ファンのみなさんも共有してくれていたアリーナツアーを、いつか叶えないとという思いがずっとあったんです。

――プレッシャーにもなっていた。

GS:毎年ホールツアーのMCとかで「まだ夢を叶えられてませんが……」って言い続けてきて。本当言うと、もっと早い段階で叶えられるように頑張っていたし、もっと早く叶えるはずだった。でも、そんな簡単じゃないというのをこの5年間で身をもって知りましたし、その重荷を下ろすことでDOBERMAN INFINITYが次に向かうことになるんじゃないかなって。そんなターニングポイントになりそうな気がするんです。

――アリーナツアーを終えたときには、またひとつ違うDOBERMAN INFINITYが生まれているんじゃないかと。

GS:そう。今はアリーナツアーに向かって全身全霊を注いでるんですけど、それが終わったときに自分自身どこに進むかわからないし、すげえワクワクするんです。だかこそ、アリーナツアーでドーベルの5年間の軌跡をすべて出し切りたい。そういうライブにしたいです。

(取材・文=猪又孝/写真=林直幸)

■リリース情報
DOBERMAN INFINITY 初BEST ALBUM
『5IVE』
2019年6月26日(水)
通常盤
・CD(18曲 SG BEST)+DVD(12曲MV集)¥4,700+税
・CD(18曲 SG BEST)¥3,200+税
※購入者特典:全10種ジャケ写ピンバッジ1種ランダム(法人別数量限定生産盤購入者含む)

数量限定生産盤:
各法人555個 限定商品(『ALL ROUND HIP HOP』ロゴTシャツ付き特殊ゴールドパッケージ仕様)
・TOWER RECORDS限定盤CD(18曲 SG BEST)+DVD(12曲MV集)+Tシャツ(黒生地 / ロゴ黄)
¥7,000+税 
・TSUTAYA RECORDS限定盤CD(18曲 SG BEST)+DVD(12曲MV集)+Tシャツ(白生地 / ロゴ青)
¥7,000+税 
・HMV・Loopi限定盤CD(18曲 SG BEST)+DVD(12曲MV集)+Tシャツ(黒生地 / ロゴピンク)
¥7,000+税 
・楽天ブックス限定盤CD(18曲 SG BEST)+DVD(12曲MV集)+Tシャツ(白生地 / ロゴ赤)
¥7,000+税

※Tシャツのサイズはフリーサイズ。

<CD収録曲>(全18曲SG BEST)
1. 5IVE / 荒野行動×BIGO LIVEコラボイベント応援テーマソング
2. INFINITY /フジテレビ系ドラマ「GTO」挿入歌
3. SAY YEAH!!
4. Do or Die /「HiGH&LOW」山王連合会のテーマ
5. JUMP AROUND ∞ /「HiGH&LOW」鬼邪高校のテーマ
6. いつか / 「ゼビオグループ ゴルフ篇」CMソング
7. GA GA SUMMER
8. D.Island feat. m-flo
9. DO PARTY / 青山サマースーツ「モノトーンSUMMER」篇CMソング
10. Shatter / DOBERMAN INFINITY×AK-69
11. あの日のキミと今の僕に
12. SUPER BALL /「ナガシマジャンボ海水プール」2018年CMソング
13. YOU & I /「DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW」主題歌
14. D.I till Infinity feat.TOMOGEN, BALLISTIK BOYZ
15. Gatti / ハード専用スタイリング剤「Gatti」コラボレーションソング
16. スリルライフ /「白鯨ティザー レースドローン篇」CMソング
17. Never Change /ドラマ「Love or Not2」主題歌
18. We can be the light /「なばなの里イルミネーション」CMソング

<DVD収録内容>(12曲入りMV集)
1. 5IVE
2. INFINITY
3. SAY YEAH!!
4. JUMP AROUND ∞
5. いつか
6. GA GA SUMMER
7. DO PARTY
8. Shatter / DOBERMAN INFINITY×AK-69
9. あの日のキミと今の僕に
10. SUPER BALL
11. YOU & I
12. Gatti

■ライブ情報
DOBERMAN INFINITY初BEST ALBUM「5IVE」発売記念 全国5都市開催
『HIGH 5IVE大感謝祭』
6月15日(土)大阪あべのキューズモール 開始時間:15時〜
6月16日(日)福岡 DRUM LOGOS開始時間:15時〜
6月18日(火)北海道 ウイングベイ小樽
6月22日(土)東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ 開始時間:15時〜
6月23日(日)名古屋 アスナル金山 開始時間:15時〜

『DOBERMAN INFINITY Presents D.Island 2019』
7月14日(日)開場11:30 / 開演 13:00
会場:横浜 山下埠頭特設会場

『DOBERMAN INFINITY LIVE TOUR 2019 5IVE 〜必ず会おうこの約束の場所で〜』
11月16日(土)静岡エコパアリーナ
11月19日(火)、20日(水)横浜アリーナ
11月26日(火)、27日(水)大阪城ホール

公式サイト

アプリで読む