Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

佐野勇斗(M!LK)

多忙な日々も「まだまだ」M!LK佐野勇斗、ソロ写真集イベントで語った目標は朝ドラ出演

ナタリー

18/8/26(日) 13:44

M!LKの佐野勇斗が8月24日に初のソロ写真集「1st PHOTOBOOK 佐野勇斗」をリリース。本日8月26日に東京・HMV&BOOKS SHIBUYAにて発売記念イベントを行った。

初のソロ写真集の発売に、佐野は「全部のページに大きく僕が写っている恥ずかしさもあるけれど、素敵なチームと場所で作らせてもらったので。20歳の佐野勇斗のありのままが写っていると思います」と語る。撮影は佐野のたっての希望で、彼が初めて役者として芝居をした映画「くちびるに歌を」のロケ地・長崎県五島列島で行われた。これについては「撮影で2カ月間滞在して思い入れがあり、勝手に第2の故郷って呼ばせてもらっているんです。恩返しっていうのもおこがましいですが、僕の原点でもある五島で撮影をして、少しでもこの場所の魅力が皆さんに伝わればいいなという思いで選びました」と思いを明かした。

2度目の五島列島での滞在では海でキャッチボールや水切りをしたり、撮影の際にお世話になった人たちとの食事を楽しんだという佐野。「現地の方は親戚の子が来たくらいな感じでアットホームに迎え入れてくれて、その感じが大好きです。五島の人々の温かさに触れて心が洗われて、行ってよかったなと思いました。ホントに、『世界遺産に認定していいんじゃないかな』って思うくらい素敵な場所でした」と笑顔で思い出を振り返る。お気に入りのカットには、海辺で撮影された横顔のアップの写真を挙げ「(頬に付いた)砂の感じがなんとも言えない……大人になりきれていない、やんちゃな自分が表現できているかなって。あと横顔ですね。『佐野くんの横顔が好き』って言ってくれる方が多いので、横顔の写真にしました(笑)」と照れながらその理由を語った。また表紙の題字は、書道6段の腕前を持つ自身の手で書いたもの。「僕が提案しました」と切り出した佐野は「おしゃれな感じにもできたんですけど、やっぱり(書道は)自分の原点。親から頂いた名前ですし、初めての写真集の名前は自分で書きたいなって思って」とこだわりを明かしていた。

また報道陣からは、俳優として出演作がひっきりなしに続く現状についての質問も。これに佐野は「『いっぱい出てるね』と言ってもらうこともありますが、自分の目指しているところには程遠くて。まだまだがんばらなきゃな、という思いが強いです」と自身の思いを語る。事務所の先輩でもある俳優・山崎賢人など、先輩俳優との共演が刺激になっているそうで「先輩の演技を目の当たりにすると自分の足りないものがわかります」とコメント。そして今後の目標についてはNHKの連続テレビ小説への出演を掲げ「朝ドラに出たいです。おばあちゃんが朝ドラ大好きなんですよ。なので朝ドラに出て、おばあちゃんおじいちゃんに見せてあげたいです」と語っていた。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play