Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

国立劇場 5月特別企画公演「言葉~ひびく~身体『神々の残照―伝統と創造のあわいに舞う―』」チラシ表

国立劇場「神々の残照」に笠井叡、近藤良平、酒井はな、黒田育世ら

ナタリー

19/3/5(火) 19:10

国立劇場 5月特別企画公演「言葉~ひびく~身体『神々の残照―伝統と創造のあわいに舞う―』」が、5月25日に東京・国立劇場 大劇場で上演される。

「言葉~ひびく~身体」は、国立劇場とアーツカウンシル東京が、今年2019年にスタートさせる企画。第1回となる今回は、「神」をキーワードにした日本舞踊、インド舞踊、トルコ舞踊、コンテンポラリーダンスが披露される。

コンテポラリーダンスパートの「マーラー作曲〈交響曲第五番〉と群読による古事記祝典舞踊『いのちの海の声が聴こえる』」では、構成・振付・演出を笠井叡が担当。出演者には、笠井のほか、近藤良平、酒井はな、黒田育世らが名を連ねた。

なお本公演の当日券は、前売りチケットが完売した場合、販売されない。チケット情報は公式サイトで確認を。

国立劇場 5月特別企画公演「言葉~ひびく~身体『神々の残照―伝統と創造のあわいに舞う―』」

2019年5月25日(土)
東京都 国立劇場 大劇場

日本舞踊「長唄 翁千歳三番叟(おきなせんざいさんばそう)」

翁:尾上墨雪
千歳:花柳寿楽
三番叟:若柳吉蔵

地方:杵屋東成、杵屋勝禄 ほか
囃子:藤舎呂浩連中

インド古典舞踊「オディッシー マンガラチャラン / バットゥ / パッラヴィ / アビナヤ / モクシャ」

出演:小野雅子、シルシャ・ダッシュ、ラシュミー・バット、アビシェーク・クマール
演奏:サンギータ・ゴーサイン、ブッダナート・スワイン、シュリニバス・サタパシー、スワプネシュワル・チャクラボーティ、クシティ・プラカッシュ・モハーパトラ

トルコ舞踊「メヴラーナ旋回舞踊〈セマー〉」

出演:トルコ共和国文化観光省所属 コンヤ・メヴラーナ楽団

コンテンポラリーダンス「マーラー作曲〈交響曲第五番〉と群読による古事記祝典舞踊『いのちの海の声が聴こえる』」

テキスト:「古事記~大八島国の生成と冥界降り~」
構成・振付・演出:笠井叡
出演:近藤良平、酒井はな、黒田育世、笠井叡 / 浅見裕子、上村なおか、笠井瑞丈 / 岡本優、小暮香帆、四戸由香、水越朋
群舞:ペルセパッサ・オイリュトミー団
群読:天使館朗唱団

アプリで読む