Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©フジテレビ

南沙良がドラマ初出演&初主演『ココア』1月放送、脚本は14歳の鈴木すみれ

CINRA.NET

18/12/3(月) 20:00

ドラマ『ココア』が1月4日にフジテレビで放送される。

今年実施された『第30回フジテレビヤングシナリオ大賞』を受賞した同作は、いじめや両親の不倫など、学校生活や家庭で悩みや後悔を抱えている灯、香、志穂の3人の女子高校生を主人公としたオムニバス作品。脚本は、史上最年少の14歳で同賞を受賞した鈴木すみれが手掛けた。

16歳の灯役に『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』で『第43回報知映画賞』新人賞を受賞した南沙良がキャスティング。渋谷のハチ公前で出会った売れないギタリスト雄介に、友人の話として複雑な家庭環境や学校でいじめを受けていることを打ち明けることで、やがてある変化が訪れる、という役どころだ。南に加えて出口夏希、永瀬莉子が出演。『フジテレビヤングシナリオ大賞』のオフィシャルサイトではシナリオ全文が公開されている。

今回がドラマデビュー、ドラマ初主演となる南は「ドラマは初めてで、(演じた)灯ちゃんという女の子が自分の中で直前までピントがあっていなかったので、灯ちゃんのことについてずっと考えていました。リハーサルを何度も重ねて、監督ともお話をしたんですが、かわいらしくてちょっと小悪魔の灯ちゃんという女の子が私とかけ離れているので、笑。どうやってお芝居をすればいいのか探していました。共演者の方と一緒にリハーサルをして、ようやくそこで私の中で灯ちゃんはこういう女の子なんだって気づけて、そこから気持ちが楽になって、演じやすくなりました。灯ちゃんは強がって、自分の中にある芯の部分を隠してしまう女の子なんですが、そこはわかるなって思いました。脚本を中学2年生の鈴木すみれさんが書いたと聞いてびっくりしました! すてきなお話だなと思いながらお芝居をしていました」とコメント。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play