Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「OSAKA トラディショナル・エンターテイメント『文楽 Show~文楽の面白さを落語家がナビゲート~』」チラシ表

落語家の解説付き「文楽 Show」が大阪で、人形遣い体験も

ナタリー

19/1/16(水) 14:25

「OSAKA トラディショナル・エンターテイメント『文楽 Show~文楽の面白さを落語家がナビゲート~』」が、1月20日から24日まで大阪・国立文楽劇場 小ホールで上演される。

文楽人形遣いの吉田一輔が監修を務める本企画は、平成30年度大阪府ナイトカルチャー発掘・創出補助事業の一環として行われるもの。出演者には豊竹靖太夫、鶴澤清丈、鶴澤燕二郎、吉田簑二郎、吉田一輔が名を連ね、ナビゲーターを桂佐ん吉が担当する。

公演は、英語、中国語、韓国語の字幕解説付きで行われ、落語家による口上、文楽における太夫、三味線および人形の解説、人形遣い体験などを実施。また「伊達娘恋緋鹿子 火の見櫓の段(だてむすめこいのひがのこ ひのみやくらのだん)」が上演される。

「OSAKA トラディショナル・エンターテイメント『文楽 Show~文楽の面白さを落語家がナビゲート~』」

2019年1月20日(日)~24日(木)
大阪府 国立文楽劇場 小ホール

監修:吉田一輔

出演者

太夫:豊竹靖太夫
三味線:鶴澤清丈、鶴澤燕二郎
人形遣い:吉田簑二郎(19:00開演回)、吉田一輔(20:30開演回) ほか
ナビゲーター:桂佐ん吉

アプリで読む