Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

新宿武蔵野館100周年記念ロゴ

新宿武蔵野館、100周年に向けた記念企画を毎月開催!初月は活弁上映

ナタリー

19/6/3(月) 21:00

2020年6月に開館100周年を迎える東京の映画館・新宿武蔵野館。これに向けた記念企画が6月8日にスタートする。

100周年に向けて、懐かしの作品や劇場で観られなかった映画などを中心に毎月紹介していくこの企画。同館を経営する武蔵野興業は「感謝の気持ちをこめて、100周年の記念企画を実施致します。今までの100年間を振り返りつつ、これからの100年間を考えるきっかけになれば、と考えています」と発表している。オリジナルグッズや記念パスポートも用意される予定だ。

6月にはかつて同館に徳川夢声、山野一郎など日本を代表する活動弁士が所属していたことにちなみ、サイレント映画の活弁上映を実施。「語り継がれる名作バトン」と題し、現役弁士の澤登翠と坂本頼光による語り、そしてカラード・モノトーンによる生演奏で映画を楽しむことができる。ラインナップには「カリガリ博士」「十誡」「肉体と悪魔」などが並んだ。6月8日の「カリガリ博士」上映時には、映画の後半部分にて徳川の録音音声が使用される。また、同日の上映終了後には周防正行と澤登がトークイベントに登壇する。

記念企画は同じく武蔵野興業が経営する東京・新宿シネマカリテでも開催。7月の特集は「継承・日本の武道と中国武術」となっている。

武蔵野館100周年記念企画

2019年6月~2020年6月 東京都 新宿武蔵野館、新宿シネマカリテ
料金:旧作 1000円 / 活弁上映 2000円
※徳川夢声による「カリガリ博士」は2500円

語り継がれる名作バトン

2019年6月8日(土)~14日(金)新宿武蔵野館

<上映作品>
「ローレル&ハーディのキルトとズボン」※活弁上映
「カリガリ博士」※活弁上映
「十誡」※活弁上映
「モダン・タイムス」
「肉体と悪魔」※活弁上映
「戦場にかける橋」

2019年6月15日(土)~21日(金)新宿シネマカリテ

<上映作品>
「散り行く花」※活弁上映
「キートンのマイホーム」※活弁上映
「キートンの西部成金」※活弁上映
「Shall we ダンス?」
「第七天国」※活弁上映
「小さな園の大きな奇跡」

継承・日本の武道と中国武術

2019年7月13日(土)~19日(金)新宿武蔵野館

<上映作品>
「グランド・マスター」
「半次郎」
「酔拳」

2019年7月20日(土)、22日(月)新宿シネマカリテ

<上映作品>
「ドラゴン危機一発」

2019年7月20日(土)、26日(金)新宿シネマカリテ

<上映作品>
「ドラゴン怒りの鉄拳」

アプリで読む