Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

徳永ゆうきが語る、米津玄師「Lemon」カバーで感じた演歌の可能性「固定概念を覆していきたい」

リアルサウンド

18/12/18(火) 17:01

 9月に放送された音楽番組『演歌の乱〜ミリオンヒットJポップで紅白歌合戦SP〜』(TBS系)で、こぶし混じりで歌い上げた米津玄師の「Lemon」のカバーが好評で、今注目が集まっている徳永ゆうき。劇団☆新感線の舞台『メタルマクベス』や、山田洋次監督の映画『家族はつらいよ2』に出演するなど、演歌の枠を越えた活動を繰り広げる徳永は、どんな人物なのか? 

徳永ゆうき【灰色と青】練習中《Guitar:Loostripper(萩原義人)》

 「Lemon」のカバー後の反響をどのように受け止めているのか、演歌歌手でありながら多彩に活動する真意は? つぶらで真っ直ぐな瞳には、「若い人も演歌を聴いてくれる世界」を目指す、熱い炎が燃えていた。(榑林史章)

「知らない曲ばかり選曲してくるやん!」と思っていた

ーー『演歌の乱』での「Lemon」を歌ったパフォーマンスが話題になり、バラエティ番組でも引っ張りだこの徳永さん。先日大阪で開催されたディナーショーにも、「Lemon」を聴いて足を運んだお客さんも多かったとのこと。

徳永ゆうき(以下、徳永):半分近い方が、初めましての方でした。大阪で開催したのですが、福岡、仙台、新潟、岐阜、東京、全国各地から来てくださって、一番遠くからいらっしゃった方は台湾からだと聞いて驚きました。たぶんネットで僕の映像をご覧になった方だと思いますけど、着物を着ていらして、日本文化がお好きな方なんだと思います。特に演歌というのは日本の心を歌ったジャンルだと思っていますので、それを世界の方に知っていただけたのだと思うと、本当にうれしいです。

ーー米津玄師さんの「Lemon」を歌って、いかがでしたか?

徳永:米津さんの人気の高さを改めて実感しました。本当に失礼な話ですが、僕は演歌以外の音楽についてはまったく疎いもので、歌うことになるまでは米津さんの名前を存じてなくて、「Lemon」という曲も聴いたことがありませんでした。小学生の頃から演歌を歌ってきて、ポップスを聴いたとしても歌えるのか、最初はとても不安でしたし、番組スタッフからも「こぶしは抑えてほしい」と言われていたので、「どうしたら良いのか」と。練習期間は1カ月ほどありましたが、本番では緊張もあってかこぶしが少し入ってしまって。自分では「やってしまったな」と思っていたのですが、結果的に「こぶしが心地よい」という反応をたくさんいただき、ホッとしました。

ーー「Lemon」を選んだのは、番組側からの提案とのこと。前年にはRADWIMPSの「前前前世」を歌ったそうですね。

徳永:「前前前世」の時も、曲をまったく知らなかったので、「毎回まったく知らない曲ばかり選曲してくるやん!」と思っていました(笑)。しかも難しい曲ばかり。「前前前世」は、こんなに速い曲は歌ったことがないと言うほど、とにかくリズムが速いし。「今若者に人気の」とか「中高生に人気で」と番組スタッフの方から説明されて、「そうなんだ〜」と、勉強するつもりでチャレンジさせていただきました。

ーーポップスを歌うことによって、逆に気づけた演歌の良さはありますか?

徳永:ポップスになくて演歌にあるもの、一番はやはりこぶしだと思います。つまりそれが、演歌特有の魅力の一つなのかなと。「こぶしを抑えて」と言われて歌いましたけど、歌いながら自分では「もっとこぶしを回したいな」と思っていたんです。「ここも回せるのに」と、もどかしさを感じていて。他に「うなり」「がなり」といった演歌独特の表現方法がいっぱいあって、それを用いて歌った時の気持ちよさというのは、やっぱりありますね。特にこぶしは得意なので、カラオケの採点では1曲中に100回くらいカウントされたこともあります(笑)。

徳永ゆうき【3月9日】練習中《Guitar:Loostripper(萩原義人)》

ーー日本人の歌心という部分で、こぶしは日本人のDNAに響くものだと思いますか?

徳永:はい。自分の中では米津さんの曲の持っているものを大切にしながら、自分なりの表現方法で歌わせていただいて。聴いてくださった方の反応として、こぶしのところを支持してくださった若い方のコメントが一番多かったのも、その証拠じゃないかと思います。きっと日本人の根本のどこかで、こぶしの良さをみんな知っているんだろうと思いました。

ーーでも徳永さんは演歌歌手なので、「演歌を歌ってください」と依頼を受けるのが本来だと思いますが、そこで「ポップスを歌ってほしい」と求められるのは、モチベーションとしてどんな感じなんでしょうか。

徳永:もちろん本当は、演歌を歌いたいですよ。でも今の時代、演歌を歌える場所が少ないのは事実ですし、一般的に演歌はご年配の方が聴くものというイメージが付いています。そういう状況の中で、どうやったら演歌歌手の歌声の素晴らしさ、演歌歌手の存在を知ってもらうかを考えた時に、それこそ「Lemon」とか今の若い人が聴いている人気の曲を歌うことで、幅広い世代の方に興味を持ってもらえるんじゃないかと思いました。

ーー演歌を聴いてもらう導入になればいいと。

徳永:はい。そこで演歌歌手の歌声の素晴らしさや歌の上手さを多くのみなさんに知っていただけたら、と。『演歌の乱』では、僕以外にも演歌歌手のみなさんの技術のすごさが世間に伝わったと思っています。実際、そこで演歌に興味を持ったという話を周りから聞くと、すごく嬉しく思いますね。

ーーディナーショーで台湾から来た方は、徳永さんが歌う演歌も会場で聴いたわけですけど、それについて何か言っていましたか?

徳永:「生で聴いて、すごかった」「楽しかった」「これからも応援します」と言っていただきました。会場では僕のCDも多くの方に手に取っていただき、「家でたくさん聴きます」と言っていただいて。きっかけは何であれ、ちゃんと聴いてもらえれば演歌の魅力にハマっていただけるんだなと実感しました。僕の願いとしては、ご年配の方が聴くというイメージから、少しでも年齢層を下げたいということです。僕と同世代の方にも「演歌を聴いてくれよ」とまでは言わないけど、ちょっとでも興味を持ってくれたらいいなと思って活動しています。

ーー昭和の時代は、音楽番組には演歌歌手が必ず何人か出ていました。徳永さんは平成生まれなので、すでに音楽番組もほとんどなく、あっても演歌歌手が出るのは稀になっていた状況でしたよね。

徳永:そうですね。だから、僕が演歌を歌うようになったのは、テレビなどの影響ではないんです。演歌/歌謡曲好きな両親が、家族でカラオケに行って演歌/歌謡曲ばかり歌うので、僕も自然と覚えて一緒に歌うようになったのが最初です。初めて覚えた演歌の曲は、父親が好きでよく歌っていた千昌夫さんの「北国の春」でした。僕は3人兄弟の一番下で、兄と姉がいるんですけど、兄や姉は普通にJ-POPを聴いていて。3兄姉の中で僕だけ演歌に惹かれたのは、おじいちゃん子だったのも理由にあると思います。

ーー若い演歌歌手の方で、おじいちゃん子、おばあちゃん子だった方は多いですよね。

徳永:幼少期のいちばん身近な存在が家族ですから、その家族が聴いていれば、自然とそうなると思います。実際に僕もおじいちゃん子で、学校帰りにそのままおじいちゃんの家に行って、NHKの演歌番組や大相撲中継をいつも一緒に観ていました。でも、周りに大相撲を観てる子はいないし、演歌を歌う子もいない。やっぱりどこか、学校では浮いていた存在で、当時のあだ名は「おっさん」でした(笑)。

今の若者が歳を取ってポップスを聴くイメージが湧かない

ーー高校2年生でNHK『のど自慢大会』に出て、演歌歌手の道を目指すようになったそうですが。

徳永:はい。小さい頃から鉄道も趣味で、もともと鉄道関係の仕事に就きたいと思って、地元の工業高校に進学したんです。それで高2の夏に、友だちに誘われて『のど自慢大会』に出場したんですけど、友だちは予選で落ちて、僕だけ残って大阪大会でチャンピオンになりました。

ーーアイドルによく聞くような話ですね(笑)。

徳永:そうですね(笑)。大阪大会にはお客さんが2千人くらいいて、大きな拍手をいただいて、生バンドによる演奏も心地よくて、すごく気持ちよかったんです。帰りに会場を歩いていると、「良かったよ!」と声をかけてくださる方がたくさんいて、「歌手ってすごいな〜。歌手っていいな〜」と思うように。それまでは趣味で歌っていた程度でしたけど、『のど自慢』をきっかけに歌手は「みなさんを笑顔にできるの最高な仕事だ」と思うようになりました。

ーー演歌歌手の方の多くは、まずは作曲家や作詞家の先生に内弟子として入ってレッスンを行い、修行をしながらデビューのチャンスをうかがうというのが、一般的です。

徳永:僕の場合は違っていて。『のど自慢』のチャンピオン大会に出た時に、レコード会社の方に声をかけていただいて、そこで事務所を紹介していただきました。だから、先生や師匠がいない、言ってみればフリーのような状態なんです。僕も最初は、誰か先生につくのだろうと思っていたので、こういうやり方でも演歌歌手になれるんだなと、自分でも少し意外でした。デビュー曲「さよならは涙に」は、BEGINの比嘉栄昇さんの作詞作曲で、どちらかと言うと青春歌謡といった雰囲気の曲なんですけど、爽やかな船出の気持ちを歌ったものになりました。衣装も水兵さんのセーラー服で、初めてこの衣装を着ると聞いた時は、「あれ? ふざけてはるのかな?」と思いましたけど(笑)。今でこそこうして冗談めかして話せますけど、当時は嫌とは言えず……。

ーー嫌だったんですね。

徳永:(笑)。子どもの頃におじいちゃんとテレビで観た、三波春夫さんが、僕にとっては憧れの存在で、すごくきらびやかな着物で、明るい笑顔と堂々とした立ち居振る舞い、歌声、すべてが格好良くて。「これぞ日本の心やな」と感動しました。だから自分が演歌歌手でデビューする時は、着物かスーツで歌うものだと信じて疑っていなくて。だから水兵さんの衣装を持って来られた時は「え!?」でした。でも振り返ると、それが見た目的にもインパクトを与えて、たくさんのみなさんに覚えてもらうきっかけになりましたね。街を歩いていても「水兵さんの歌手の方ですよね」と声をかけていただいて、みなさんの記憶に残る作品になったと思います。

徳永ゆうき – 平成ドドンパ音頭

ーー次にリリースした曲「平成ドドンパ音頭」も、THE BOOMの宮沢和史さんの作詞作曲でした。

徳永:そうです。衣装もハッピで、「あれ? また着物かスーツじゃないんだ」って(笑)。

ーーアルバム『ゆうきのうた-故郷編-』には、演歌だけでなく井上陽水さん、BEGINさん、松山千春さん、さだまさしさんなどのカバーも収録。演歌歌手ではあるけれど、非常にポップス寄りの演歌歌手というか。

徳永:当時のディレクターさんの考えで、いきなりド演歌に行っても年配の方にしか聴いてもらえないかもしれない。老若男女問わず知っている方に曲をお願いして、まずは幅広い世代の多くの方に知ってもらおう、と。デビュー曲を比嘉さんにお願いしたのは、僕の両親が鹿児島の奄美大島出身で、ルーツは島だからということで、石垣島出身の比嘉さんなら通じるものがあるだろうという理由もありました。

 それをきっかけに、BEGINさんが主催している『うたの日コンサート』にも出させていただいて。そこでは演歌よりもガッと年齢層が下がったお客さんの前で歌わせていただいて、インパクトを与えることができました。きっと1曲目から着物やスーツをビシッと着てド演歌で勝負していたら、年齢層も高くなって、今のような状況とはまったく違ったものになっていたかもしれないです。

ーーすでに演歌を聴いてくれる人は、年配であれたくさんいるわけで。そこで、あえて演歌を聴かない若い人に演歌を聴いてほしいと思うのは、どういう部分でそう思うんでしょうか?

徳永:演歌はもう廃れるんじゃないかと、何十年も前から言われていますけど、やっぱり演歌は日本人の心や営みを歌ったもので、日本にしかない音楽ジャンルなので、後世に残っていってほしいんです。実際、毎年演歌の若手がデビューして、「廃れる」と言われながらも、何とか生き残ってきている。これはきっと、日本人の耳には、演歌がいちばんしっくりくるからなんじゃないかなって、自分の中では思っています。

 それに今の若い方が60代や70代になって、今どきの歌を歌っているのかと言ったら、あまりイメージできなくて。やっぱりその年齡になったら、演歌を聴いてるイメージしか湧いてこない。番組で共演させていただいたタレントさんからも、「徳永くんの歌を聴いて、演歌に興味を持って、最近聴いています」とか「やっぱり演歌っていいよね」とか、言ってくださる方がいて。きっと人生のどこかで、「演歌っていいな」と思うときが必ずくると思うんです。それなら若い方にも、すこしでも早いうちから、演歌の素晴らしさ、歌詞の素晴らしさに気づいてもらいたいなって。

徳永ゆうき 「津軽の風」 (2017年1月25日CD/カセット発売)

ーー演歌で表現される日本人の心の歌というのは、具体的にはどういったものがありますか?

徳永:たとえば男女の別れの歌もありますし、故郷を思う歌、旅をテーマにした歌、「旅情演歌」や「津軽演歌」など、さまざまな種類があります。「股旅演歌」という、三度笠をかぶって全国を旅歩く世界観もあって、これは演歌でないと表現できないものですね。

ーー木枯し紋次郎とか、子連れ狼のような世界観ですよね。

徳永:そう。おじいちゃんと時代劇をいつも観ていたから、僕自身そういう世界観に惹かれるところがあるのだと思います。

大阪万博で2025年版の「世界の国からこんにちは」を歌いたい

ーー環境という部分では、今の若い人はテレビを観ずにネットをよく観ています。YouTubeなどで発信していくのも効果的で、徳永さんも公式チャンネルを持っていて、いろんなカバーを披露していますね。

徳永:はい。『演歌の乱』以降は、YouTubeの閲覧数もすごく増えました。それに合わせて、米津玄師さんの「灰色と青(+菅田将暉)」や星野源さんの「恋」など、いろんなカバーをアップするように頑張っていて、すごくうれしいコメントをたくさんいただいています。だから『演歌の乱』のように、ポップスを演歌調で歌うことで興味を持っていただいて、「徳永さんってどういう人なんやろう、他にどんな歌を歌っているんやろう」って、いろいろ調べてくれたりCDを買ってくれている。そういう流れが実際にあるので、『演歌の乱』という番組は、すごく良かったなと思っています。米津さんを知らなかった僕の年配のファン、僕のことを初めて知った米津さんの若いファン、どの世代にも新しい発見があった番組になりました。

ーー結果として、若い方と演歌を繋ぐ架け橋になった。自分なりに、新しい演歌のスタイルを作れてきているという感触はありますか?

徳永:J-POPを演歌調で歌うというのは、実際にやってみて自分としても、大変だったけど面白かったし反響もあった。糸口があるとすれば、きっとここなのかなと思いました。みんなが聴くような曲を演歌歌手が歌ったらどうなるのか、そこでこぶしをがんがん回して聴かせて。『演歌の乱』のような場所で、インパクトを与えて、多くの人を演歌の世界に引き込みたいです。

ーーポップス界隈の人が演歌の曲を提供することと、徳永さんがポップスを歌うこと、それらを同時に進めていくことで、相乗効果が図れそうですね。

徳永:そうですね。僕ら演歌歌手の側の心持ちもそうですけど、作詞・作曲の面でも、新しさが必要だと思います。それこそ短絡的な発想になってしまいますけど、米津さんや野田洋次郎さんとか、絶対にあり得ないような方に提供していただくとか。たとえば作詞をポップス系の方にお願いして、曲は演歌の作曲家の方にお願いしたら、どんな化学反応が起きるんだろうとか。その逆パターンもあり得ると思うし。そういう風に想像すると、どんどん世界が広がっていきますね。

徳永ゆうき – 函館慕情

ーー師弟関係のない形で活動されている徳永さんが、いちばんそういうことがやりやすい場所にいるということですね。

徳永:もちろん従来のやり方で作られる演歌も素晴らしいので、そこに対する敬意はしっかり持っているつもりです。実際に僕の「函館慕情」という曲は、演歌の大御所作曲家の水森英夫先生に作曲していただきました。そういう演歌の方からも、ポップス系の方からも、両方から曲をいただけるのが、僕の強みだと思っています。その強みを最大限に活かして、演歌界に新しい風を吹き込んでいきたいです。

 演歌に限らず音楽は正解のない世界なので、いろいろなことに挑戦しているうちに、正解がドカンと出てくるかもしれないし、とりあえずやってみないと分からない。最近は若手の演歌歌手に注目が集まりつつあるので、今はその波にしっかり乗って、演歌界を若い力でしっかり盛り上げていきたいです。

ーーNHK『紅白歌合戦』に初出場が決まった純烈とか。

徳永:純烈さんは先輩ですけど、何度も番組でご一緒させていただいています。紅白が決まって自分のことのようにうれしいですし、僕たちも頑張れば紅白行けるんじゃないかって、身近な方の頑張りは、すごく励みになりますし勇気をもらいました。

ーー徳永さんは、舞台『メタルマクベス』や映画『家族はつらいよ』に出演するなど、実際に演歌外での活躍も目覚ましいですね。

徳永:それこそ徳永ゆうきの存在を知っていただこうということで、いろんなことにチャレンジさせていただいています。ただやっぱり慣れないことばかりなので、歌を歌っているほうがはるかに気楽ですけど(笑)。すごく緊張しがちな性格なので、自分が失敗してやり直しになったらたくさんの方に迷惑がかかると思って。「失敗したらどうしよう」って、マイナスのことばかり考えてしまって、余計に緊張してしまうんです。緊張して頭が真っ白な状態で、監督さんに言われたことをしっかりやることしか考えられなくて。映画『家族はつらいよ』の現場も、ものすごい緊張感があって、緊張してずっとドキドキしていました(笑)。

ーー今後チャレンジしてみたいことはありますか?

徳永:NHK『紅白歌合戦』は、目標ではなくあくまでも通過点。歌手として1人でも多くの人に歌声をしっかり届けて、演歌の素晴らしさや演歌の魅力を伝えていきたいですし、年配の方が聴く音楽という固定概念を覆したいです。それに、演歌のイメージにないものを、率先してやっていきたいですね。たとえばZepp Tokyoでのコンサートとか、演歌歌手が絶対にやらなさそうなところで、「いやいや、演歌もやるんやぞ!」って(笑)。そうやって演歌のイメージをいい方向に、少しずつ変えていきたいです。

ーー2020年には、東京オリンピックもあります。憧れだった三波春夫さんは、1964年の東京オリンピックで、「東京五輪音頭」を歌っていました。

徳永:できたら、オリンピックの歌を何か歌いたいですね。まあ、あと1年ちょっとと考えると時間は少ないんですけど…三波春夫さんは1970年の大阪万博で、テーマソング「世界の国からこんにちは」を歌っていらっしゃって。2025年には大阪万博も決まりましたので、大阪出身の僕としては、2025年版の「世界の国からこんにちは」をぜひ歌いたいなと思っています。そういう日本が世界から注目される機会にこそ、日本の心を歌う演歌歌手として、携われたり歌えたらいいなって思います。

(取材・文=榑林史章/写真=三橋優美子)

■リリース情報
ゆうきひろき『ゆうきひろき』
発売中
¥2,000 (税込)
※DVD付属

<収録内容>
1.ひだまりの詩
2.白い雲のように
3.虹色のファンタジー
4.白い雲のように(Instrumental)
5.ひだまりの詩(Instrumental)
6.虹色のファンタジー(Instrumental)

<DVD収録内容>
1.白い雲のようにMusic Video
2.虹色のファンタジー Music Vide

『津軽の風』
発売中
¥1,300 (税込)

<収録内容>
1.津軽の風
2.帰ろう我が家へ
3.津軽の風(オリジナル・カラオケ)
4.帰ろう我が家へ(オリジナル・カラオケ)

■ライブ情報
『徳永ゆうき×Loostripper 萩原義人 ポップスライブ』 
2019年1月31日(木) 
OPEN 18:30 / START 19:30
前売:3,500円 / 当日:4,000円(別途ドリンク代) 
会場:下北沢440(東京都世田谷区代沢5-29-15 SYビル)

<チケット情報>
e+イープラス

<メール予約>
【徳永ゆうき 予約】
件名:1/31 予約希望 
本文:「イベント名、お名前、人数、電話番号、メールアドレス」を記載してお送りください。 
予約アドレス:tokunaga@itoh-c.com

【Loostripper萩原義人 予約】
件名:1/31 予約希望 
本文:「イベント名、お名前、人数、電話番号、メールアドレス」を記載してお送りください。 
予約アドレス:loostripper@gmail.com

※入場順(整理番号順) 
1.イープラス(先着順に整理番号配布) 
2.各アーティスト予約(当日整列順) 
3.当日券

問い合わせ先:イトーカンパニー事業部  TEL:03-3770-8666
MAIL :tokunaga@itoh-c.com

「徳永ゆうき 歌謡コンサート 2019」 
2019年2月23日(土) 
開場12:30/開演13:00
会場:武蔵村山市民会館(さくらホール) (東京都武蔵村山市本町1-17-1) 
全席自由席:前売り1,500円/当日2,000円
武蔵村山市民会館:042-565-0226
情報館「えのき」(イオンモールむさし村山1F):042-505-8544
チケットぴあ(Pコード:134-897):0570-02-9999
【主催】 武蔵村山市民会館
【共催】 武蔵村山市教育委員会
【お問い合わせ】 武蔵村山市民会館(さくらホール) TEL:042-565-0226

徳永ゆうき公式HP
徳永ゆうき公式Twitter

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play