Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

NYLON JAPANのカバー写真。

ファッション誌・NYLON JAPANが映画製作、主演キャストのオーディション実施

ナタリー

19/2/21(木) 18:20

女性ファッション誌・NYLON JAPANの創刊15周年プロジェクトとして、長編映画「転がるビー玉」の製作が決定した。

「転がるビー玉」は、東京オリンピックが近づく渋谷の片隅の古い家で共同生活を送る愛、瑞穂、恵梨香を中心とした物語。「黒い暴動▼」「サラバ静寂」の宇賀那健一が監督、脚本を担当する。宇賀那は「足元に転がった輝きをきちんと捉えた映画になるよう、僕も必死に手を伸ばしてこの映画を作っていきますので、応援の程、宜しくお願い致します」と意気込んでいる。

なお製作決定にあわせ、主演キャストのオーディションも開催されることに。募集対象は18歳から29歳の女性で、演技経験は問わない。応募締め切りは3月15日16時まで。募集要項は公式サイトで確認しよう。

※本文中▼は黒塗りハートマーク

宇賀那健一 コメント

この映画は成功している女の子たちのキラキラした話ではありません。
決して「宝石」ではない、かといって「転がる石ころ」でもない。
さながら「転がるビー玉」のような女の子たちの話です。
でも僕は、足りないところも駄目なところも沢山ありながら、自らの夢を掴むために必死に手を伸ばす、「転がるビー玉」の屈折した輝きは、宝石より美しいと思っています。
足元に転がった輝きをきちんと捉えた映画になるよう、僕も必死に手を伸ばしてこの映画を作っていきますので、応援の程、宜しくお願い致します。

アプリで読む