Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「NSC大ライブTOKYO 2019」で優勝した金魚番長の(左から)箕輪智征、古市勇介、決勝MCを務めた南海キャンディーズ山里。

NSC東京24期大ライブ優勝は金魚番長!南キャン山里「今日からライバル」

ナタリー

19/2/18(月) 22:04

本日2月18日、よしもとの芸人養成所・NSC東京校の24期生が出演する「NSC大ライブTOKYO 2019」が東京・なかのZERO大ホールにて開催され、金魚番長が優勝した。

「NSC大ライブ」は現役NSC生が1年間の集大成としてネタを披露し、優勝を争うライブ。昨年まで決勝はトーナメント戦だったが、今年は決勝ファーストラウンドに出場した8組の上位3組で最終決戦を行う、「M-1グランプリ」など賞レースと同様のシステムとなった。共に1994年生まれの金魚番長は、ボケの箕輪智征(みのわともゆき)と古市勇介(ふるいちゆうすけ)による2人組。最終決戦ではトイレを巡るドタバタ劇で会場の笑いを誘い、ピンの女性・そのこ、灘ジェニーとのバトルを制した。

金魚番長に贈られた優勝特典は、来月3月23日(土)に東京・神保町花月で単独ライブを開催する権利や、3月3日(日)に東京・TBS赤坂ACTシアターで行われるライブへの出演権など。ライブ後の囲み取材で、古市は「めっちゃうれしい。これがスタートです」、箕輪は「最高のスタートダッシュが切れました。ここからネタのクオリティを下げないようにしたい」と冷静にコメントする。取材陣に今後の目標を尋ねられると、古市が「テレビ番組に密着されたい」、箕輪が「M-1やキングオブコントはもちろん、近い目標はファンの人とバーベキューするツアーをやること。単独ライブはその足がかりです」と、とぼけた味を出しながら語った。

決勝MCを務め、多くのNSC生たちの魅力を1組ずつ丹念に引き出していった南海キャンディーズ山里も囲み取材に参加し、金魚番長のネタを「レベルが高い。同じ時代にいなくてよかった」と賞賛する。しかし尊敬する先輩を聞かれた金魚番長が「ダウンタウン」(古市)、「千鳥」(箕輪)とそれぞれ答えると、山里は「これをきっかけに、全力でぶっつぶす!」と南キャンの名前が挙がらないことにご立腹。この後、山里からは「どこかの段階で天狗になってほしい。応援はしません。うちの相方が物理的に叩きのめす!」といった圧の強いコメントが止まらなかったが、「今日からライバルです」と同じ土俵に立つ後輩への敬意も忘れなかった。

アプリで読む