Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

Little Glee Monsterが語る、ワールドワイドな活動で得たもの「願望だったものが決意に変わった」

リアルサウンド

18/10/31(水) 12:00

 Little Glee Monsterが10月31日に映像作品『MTV Unplugged: Little Glee Monster』を、11月14日にアナログ盤『夏になって歌え』をリリースする。2作は現在開催中のツアー『Little Glee Monster Live Tour 2018~Calling!!!!!』の期間中に発売されるもので、それぞれグループの新たな魅力が発揮された作品に仕上がっている。リアルサウンドでは今回、発売中の12thシングル『世界はあなたに笑いかけている』も含めたインタビューを行い、5人の現状とツアーへの思いなどについて、じっくりと話を聞いた。(編集部)

「今まで背伸びしていた部分が少し縮まった1日」(芹奈)

ーーここ最近、リトグリの活動はどんどんワールドワイドなものへと進化していますよね。例えば6月21日に収録が行われた『MTV Unplugged』のように、世界的に名の知れたMTVの伝統番組にも出演(※参照:Little Glee Monster、日々の研鑽で掴んだ憧れのステージ ブルーノート東京で魅せた特別な一夜)。全編アコースティックスタイルで聴かせるという、新たな試みにも挑んでいます。あれは今年2〜3月に横浜アリーナと大阪城ホールで実施したアリーナライブで披露したボッサアレンジというのがひとつ大きな鍵になっていたのかなと思うんです(※参照:Little Glee Monster、“様々な挑戦”が結実 アリーナツアー千秋楽を見て)。そういった意味でも、皆さんにも大きな収穫があったんじゃないでしょうか?

芹奈:そうですね。原曲とは異なるイメージのアレンジで、たくさん披露できましたし。リハーサルの時点から、すごく楽しかったです。

かれん:「好きだ。」なんて、ほぼ原曲とは違うと言っていいぐらい曲調もアレンジも変わっていて、イントロだけを聴いても「好きだ。」とわからないくらいだったんじゃないかな。普段やっているコーラスも間引いたりしたので、歌い方も全然違ったし。初めてのことだったので、やる前はどんな感じになるのかなと思ったんですけど、やってみたら本当に楽しかったので、これからももっと違うアレンジにチャレンジしてみたいなという思いが強くなりました。

manaka:でも、最初はめっちゃ緊張しましたよ。お客さんもいつもライブに来てくれている若い方というよりは、若干年齢層が高かったり、『MTV Unplugged』だから応募して初めてリトグリを観るという方もたくさんいらっしゃいましたし。そういう空気感の違いもありましたけど、いつもと違うアレンジを皆さんが楽しんでくれていることが伝わってきたことで、私たち自身の緊張も徐々にほぐれていって。本当に良い経験だったなと思います。

アサヒ:確かにすごく大人な雰囲気でしたよね。個人的には、「小さな恋が、終わった」を久しぶりに披露したことが本当にドキドキでいっぱいだったんですけど、終わってからファンの方のツイートを見たら「聴けてよかった」とか「すごくよかった」とか言ってくださる方が多くて、ホッとしました。

MAYU:私も、心の底からワクワクしました(笑)。アレンジが変わったぶん、自分で歌い方を変えてみたりもしましたし。自分の音源を聴くのは恥ずかしいから嫌なんですけど(笑)、今回は何度も聴き返して、原曲との違いを出せるように頑張りました。それをきっかけに、これからの秋冬ツアーにも活かせるんじゃないかなと思ったので、楽しみながらも勉強になったステージでしたね。

ーー最新アルバム『juice』以降、楽曲のテイストのみならず表現の仕方も大人びてきた感じがすごく出ているし、今回のアンプラグドみたいな表現方法は今のリトグリに合っているのかもしれませんね。

芹奈:今まで少し背伸びしていた部分があったところが、今はそこの距離が縮まったような。あのライブは、それを実感できた1日だったかなと思いました。

「音楽には本当に国境は関係ない」(MAYU)

ーーそして7月に入ると、海外を訪れる機会が続きました。まずはアジアツアーとして、台湾と香港でワンマンライブ。海外で自分たちのワンマン公演をするのはこれが初めてでしたが、いつもと違った手応えもあったのではないですか?

芹奈:現地に行く前は、本当に会場が埋まるのかなと不安だったんですけど、いざ行ってみると私たちのことを待っていてくださる方たちがこんなにもたくさんいるのかと、その事実がすごく嬉しくて。今までもたまに、日本でのイベントに海外の方がわざわざ来てくださることはあったんですけど、そうやって海外にファンがいるということ自体あまり信じきれていなかったんです。

ーー現地で直接触れ合うことで、実感としてより大きなものがあったと。実際ライブをやってみていかがでしたか?

かれん:リトグリのオリジナル曲は日本語なのに、香港でも台湾でも皆さんすごく口ずさんでくれていて。ライブ中も私たちのやり方にちゃんと合わせてくれて、一緒に声を出したり腕を上げたりと、その楽しんでくれている感じがすごく伝わってきて嬉しかったです。あと、お客さんがインタビューを受けている映像を観たんですけど、「リトグリが世界で一番大好き!」と言ってくれていて、私たちのことをこんなに思ってくれている人が日本以外にもいるんだっていうことを強く実感できました。

ーー正直、不思議に思いませんでしたか? 例えば昨年皆さんが共演したアリアナ・グランデのように、日本に海外アーティストが来たときに、日本のファンは「待ってました!」と熱狂的に迎えるわけですよね。それを、皆さんは香港や台湾で、アリアナと同じ立場になって経験したわけですし。

芹奈:今、言われて実感しました。不思議ですよね。そんなこと、考えてもみなかったなあ……。

manaka:確かに。

芹奈:香港では、空港で待ってくださっている方たちもたくさんいました。

MAYU:本当に皆さん、目がキラキラしていたよね。実際、向こうでライブをやってみて思ったのは、音楽には本当に国境は関係ないということ。私たちもこのアジアツアーをすごく楽しみにしていたんですけど、それ以上に楽しみにしてくれていた気持ちが現地のお客さんからすごく伝わってきました。ステージからも一人ひとりの顔がしっかり見えたので、本当に行けてよかったなと思いましたし、音楽って素敵だなってそこで改めて実感しましたね。

「『やりたい』という願望が『やるんだ!』という決意に変わった」(芹奈)

ーーそこからロンドンに移動して、今度は映画『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』ワールドプレミアにジャパン・アンバサダーとして出席しました(※参照:Little Glee Monster、映画『マンマ・ミーア!』続編ワールドプレミアに参加)。この移動の仕方、完全にワールドツアーですよね。

全員:(笑)。

ーーこちらはライブではなかったものの、日本代表として現地に行ったわけじゃないですか。こういう役割を任せてもらえる今の状況を、皆さんどう感じていますか?

芹奈:映画のキャストの皆さんにインタビューする機会って、なかなかないじゃないですか。私たちにそれを任せていただけるというのもすごく嬉しいですし、しかも国内でもあんまり経験できないことを海外でできたからすごく楽しかったし、ちょっと職業体験をした気分でした(笑)。

他のメンバー:(笑)。

芹奈:ライターや記者の方たちってこういう気持ちなんだろうなって。本当は全然違うと思いますけど(笑)。

かれん:いつもは聞いてもらう側やからね。

芹奈:そうそう。だから、ちょっと不思議な気持ちでしたけど、すごく新鮮で楽しかったです。

かれん:レッドカーペットを歩くことも、本当になかなかさせてもらえない経験だと思うし。すごく貴重な体験ができて、ありがたいなと思いました。

ーー今まで目指してきた“世界”が、海外での単独公演や映画のジャパン・アンバサダーを経験したことで、実感として一歩近づいたんじゃないでしょうか。

芹奈:そうですね。以前はただ「ワールドツアーをやりたい」っていう願望だったものが、今は「ワールドツアーをやるんだ!」という決意に変わりました。

「これからもずっと大切にしていきたい1曲」(アサヒ)

ーーここからは、シングル『世界はあなたに笑いかけている』について話を聞いていきたいと思います。表題曲に関しては、コカ・コーラの年間イメージソングに決定したタイミングに少しだけお話を聞いていますが(※参照:Little Glee Monster、“ふたつのラブソング”での実感 「曲の雰囲気によって息の使い方も変わる」)、改めて今年1月から耳馴染んでいた楽曲が8月までリリースされていなかったという事実に驚かされました。

芹奈:そうですよね(笑)。コカ・コーラの過去のイメージソングは本当に有名な方たちばかりが担当されてきたから、私たちがその歴史に名前を残せるということがすごく嬉しくて。そういった意味でも、この曲はこれからの私たちにとって代表曲になればいいなと強く思っています。

ーー久しくないですよね、こういう形で1年かけて定着させていくような取り組みって。

芹奈:この曲は最初に録ったのがCM尺だったので、最初は「どういう形に完成するんだろう?」ってまったくわからなくて。だから、完成したときはすごく嬉しかったです。

ーーそうか、最初はそれこそ数十秒程度だったものが、どんどん曲として成長していったわけですね。その完成していく流れを目の当たりにする経験って、今まであまりなかったんじゃないでしょうか?

manaka:「人生は一度きり」も、最初はCMサイズから始まったよね。「Happy Gate」もCMから始まって、今の形になったので。

かれん:実は今までもいくつかそういう曲はあったんですけど、この「世界はあなたに笑いかけている」は何回レコーディングしたのかわかんないぐらい録ったんですよ。だからレコーディングのたびにみんな、どんどんうまくなっていくみたいな。

芹奈:慣れていってね。

かれん:そう。しかも最初は歌詞も全然違ったので、そこもすごく変化したところだなと思います。

アサヒ:それに、リリース前からイベントや音楽番組でたくさん歌わせていただく機会があったのも初めての経験でしたし。

かれん:確かに。これだけいろんな機会に歌っていたら、きっとリトグリのことを知らない方もちょっとは覚えてくれるんじゃないかな。実際、「コカ・コーラのCM曲って、リトグリだったんだ」というツイートも結構見かけるので。

アサヒ:そうだね。そういう意味でも、これからもずっと大切にしていきたい1曲です。

MAYU:「好きだ。」を超えるぐらいの代表曲になったらいいよね。

「前向きさがちゃんと伝わるように歌うことも意識」(かれん)

ーー初期の代表曲に頼らなくてもいいように新しい武器が増えていくわけですから、新しい代表曲が増えるのはアーティスト冥利に尽きますものね。今回のシングルですが、「世界はあなたに笑いかけている」もカップリングの「青い風に吹かれて」も前向きな歌詞で聴き手のことを肯定し、背中を押してあげる楽曲なのかなと。前作の『ギュッと / CLOSE TO YOU』がどちらもラブソングという統一感がありましたし、そこともまた違ったテイスト/方向性の作品だなと思いました。

芹奈:確かにそうですね。

ーー今作の方向性というのはリトグリが初期から持っていたものですが、その傾向が今回より強まったことで、表現の仕方にも変化が生じているのかなと思いますが?

かれん:「世界はあなたに笑いかけている」も「青い風に吹かれて」も、歌詞はすごく前向きなことを歌っているんですけど、どちらもサウンドがカッコいい曲なので、歌い方でもカッコよさに気を遣ったところがあります。とはいえ、前向きなことを言っているからには、それがちゃんと伝わるように歌うことも意識しながらレコーディングしました。

ーー「青い風に吹かれて」は曲のテイストにも初期のリトグリっぽさが感じられて。

芹奈:ああ、ありますね。

ーーでも、ちゃんと今の皆さんにフィットするように、大人っぽくアップデートされているんですよね。この曲は「第6回 全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール」の規定曲なんですよね。

manaka:はい、昨年の「Go My Way!」に続いて。2年連続で選んでいただけて、すごく嬉しいです。

芹奈:この曲でダンスする子たちの青春に、私たちの曲が残るというのがすごく嬉しいですね。

かれん:大人になってから急に懐かしくなって、また聴き返したくなったりとかね。

ーーこの曲は、イントロではバラード調の美しいハーモニーを聴かせながらも、そこからアップテンポに変化するアレンジが新鮮でした。歌う際にはどういったことを意識していますか?

MAYU:カッコいい中にちょっと気だるさがあって、そこが好きですね。歌い終わりのおしりの部分で絶妙なメロディに行くことが多くて、そこも気持ちいいですし。なので、わざとフワーンと気だるく歌うのがカッコいいなと思ってます。私も最初に聴いたとき、イントロで「今回はしっとり系かな?」と思ったら、♪チャ〜ラチャラチャ〜ンって急に変わるから、聴いてるうちにワクワクしてきました。

かれん:ファンの方からも「最初、バラードかと思った」という声がすごくたくさんあったよね。

芹奈:しかも、1曲の中でもブロックごとに色が全然違うから、それがレコーディングしていてもめっちゃ楽しかったです。

ーーこういった曲調はリトグリが初期から得意としていたものですが、昔だったら元気よくストレートに表現していたのかなと思うんです。

manaka:確かにそうですね。

ーーでも、今回はそれだけじゃない歌い方やタッチが増えていて、そこから受ける印象が以前とは異なるもので、それこそここ数年の積み重ねによる成果なのかなと思いました。

全員:ありがとうございます!

「『明日へ』とは別の形で大阪を思う気持ちを表現できた」(manaka)

ーーそしてカップリングにはもう1曲、3月の大阪城ホール公演で初披露された「MY HOME」も収録。もともとは番組の企画から制作が始まったんですよね?

かれん:『ちちんぷいぷい』(※毎日放送で平日午後に放送中の情報番組)の企画の一環で「何か大阪らしいことをできたらいいね」という話があって、大阪への思いを綴った曲を作りましょうということになったんです。最初はどんな感じになるのか予想もしてなかったんですけど、まず曲ができて、そこにみんな思い思いの歌詞を書いていきました。故郷への思いというのはみんな上京したときに強く実感したはずだから、私たちの等身大の思いを書けたと思います。ファンの子の中にもこれから故郷を離れることに対して不安を感じている人はたくさんいると思うし、この曲に対して「共感する」とか「すごくわかる」という声もすごくいただいていて。「音源化してほしい」という声も多かったので、今回ついに実現できて嬉しかったです。

ーー皆さんによる作詞は「明日へ」以来になります(※参照:Little Glee Monsterが明かす、初の作詞曲で挑んだ“新境地”「シンプルこそ難しいと改めて思う」)。前回と比べて、少しずつスムーズに表現できるようになりましたか?

かれん:今回の曲は作家さんと話し合いながら作っていったので、また前回とは違った新しいやり方だったんです。特に今回は最初からテーマがはっきりしていたので、わりと書きやすかったというか。作詞の経験も少ないし、技術的にまだまだ全然ですけど、それでもサビの部分ではメンバーみんな、書いていることがほとんど同じやったというか。思っていることが似ていたので、そこでみんな同じ気持ちなんだなって実感できました。

manaka:「明日へ」とはまた別の形で、大阪を思う気持ちを表現できたんじゃないかな。上京して不安に思うこともあるけど、やっぱり最終的に思いを馳せるのは地元や故郷だという、そういう気持ちを歌詞にすることができたので、聴いた人にあったかい気持ちになってもらえたらいいなと思います。

アサヒ:私は故郷が大阪ではないけど、上京したという点ではみんなと一緒。だから故郷を離れる人の気持ちにもより添える曲にすることができたと思うし、上京を見送った家族の気持ちにもより添える曲にもなったんじゃないかな。

「秋冬ツアーでさらに成長した5人を見てもらえたら」(MAYU)

ーー9月24日からはいよいよ新たな全国ツアー『Little Glee Monster Live Tour 2018~Calling!!!!!』も始まりました。今年前半に経験したことがこのツアーにどう反映されるのか気になりますが、こういうものを見せたい、こういうことができたらという思いがありましたら聞かせてください。

かれん:リトグリのライブを観たことがない方もまだまだたくさんいらっしゃるはずなので、初めて観る方にも楽しんでもらえるようなライブにしたいし、観たことがある方にも驚いてもらえるようなものにしたいなと思っています。

芹奈:秋冬ツアーまでにいろんなヒントがたくさんあったので、そこで感じたものをツアーでも出せるようにできたらいいなと思います。

manaka:やっぱりツアーは私たち自身すごく成長できる場でもあるので、もっともっと成長できるように精一杯頑張ろうと思います。

アサヒ:今回は初めて行く土地もたくさんあって。毎回そういう会場での反応も一つひとつ違うので、すごい楽しみです。

MAYU:アリーナツアーを経験したことで、ホールの良さやアリーナの良さそれぞれわかった部分も多くて。私がデビュー前にイメージしていたのがアリーナみたいな大きい会場やったんですけど、実際に自分が歌う側になってみるとアカペラをするリトグリにとっては、ホールも音楽を最高に楽しめる場所だなと。特に今年はアンプラグドでの経験が大きかったので、そういう部分も反映させたステージにできたらと思っています。今、みんなで少しずつ話し合いもしているんですけど、新しい曲だけじゃなくてしばらく歌っていない曲も楽しんでもらえるものにできたらなって。ここまで長期間のツアーは1年ぶりになりますし、あのときはあのときでよかったけど、今年はさらにまた成長した5人を見てもらえたらなと思いますね。

ーー昨年のツアーについてお話を聞いたときも、例えばMCなどで新しい試みをすることで成長できたとおっしゃっていましたよね。考えてみたら今年は200人規模のブルーノートから1万人規模のアリーナライブまで経験していて、それ自体が大きなチャレンジになっていると思いますし、そこを経てホールで何を見せてくれるのか非常に楽しみです。

全員:ふふふ(笑)。頑張ります!

(取材・文=西廣智一)

■リリース情報
『MTV Unplugged: Little Glee Monster』
発売:2018年10月31日(水)
価格:Blu-ray ¥5,800(税込) 
DVD ¥4,800(税込)

アナログ盤『夏になって歌え』
発売:2018年11月14日(水)
価格:完全生産限定盤(LP)¥3,240(税込)

12thシングル『世界はあなたに笑いかけている』
発売中
価格:初回生産限定盤A(CD+DVD)¥2,000(税込)
初回生産限定盤B(CD+DVD)¥1,700(税込)
通常盤(CD ONLY)¥1,300(税込)

<CD収録内容>
・全タイプ共通
M1:世界はあなたに笑いかけている
M2:MY HOME
M3:青い風に吹かれて
M4:世界はあなたに笑いかけている instrumental

<DVD収録内容>
・初回生産限定盤A
1: Feel Me -Live on 2017.11.19-
2:ダイヤモンド -Live on 2017.11.19-
3:きっと大丈夫 -Live on 2017.11.19-
4:ギュッと -Live on 2018.03.25-
5:MY HOME -Live on 2018.03.25-

・初回生産限定盤B
1:世界はあなたに笑いかけている Music Video
2:CLOSE TO YOU Music Video

Sony Music Shop

■ライブ情報
『Little Glee Monster Live Tour 2018~Calling!!!!!』
<スケジュール>
※終了済みのものは割愛
11月03日(土・祝)高知県 高知県立県民文化ホール オレンジホール
11月04日(日)愛媛県 松山市民会館 大ホール
11月06日(火)三重県 三重県文化会館 大ホール
11月10日(土)千葉県 森のホール21
11月17日(土)山口県 周南市文化会館
11月18日(日)福岡県 福岡サンパレスホール
11月25日(日)長野県 ホクト文化ホール 大ホール
12月01日(土)茨城県 日立市民会館
12月02日(日)栃木県 宇都宮市文化会館
12月07日(金)福島県 けんしん郡山文化センター(郡山市民文化センター)
12月09日(日)群馬県 桐生市市民文化会館
12月19日(水)愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール

「Little Glee Monster Live Tour 2018~Calling!!!!!」特設サイト

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play