Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

草なぎ剛のシンプルな生き方 雑誌『GINGER』インタビューから感じたこと

リアルサウンド

19/5/27(月) 6:00

 草なぎ剛という人は、不思議な存在だ。ハッとするほど色っぽい大人の男性の顔を見せたかと思えば、まるで5歳児のようにはしゃいでみたり、最近では20代のYouTuberとコラボする機会も増えているが、一緒にいる様子は20歳近い年の差を感じさせない。

(関連:草なぎ剛の料理動画は人生をより味わい深いものにしてくれる 「BISTRO SMAP」で培った腕前

 デキる大人のようで、自由な子どものようで、いいお兄さんのようで、手のかかる少年のようで……掴みどころがない。なのに、多くの人が草なぎ剛のことを得体の知れない人ではなく、「いいひと」と表現したくなる。それは、なぜなのか。

 きっと、草なぎ剛という人に、私たちは嘘を感じないからではないか。おいしければ矢継ぎ早に口の中に放り込み、楽しければ顔をくしゃくしゃにして笑い、集中しているときには鋭い視線を向ける。そんなふうに感じたままの素直な反応が、嘘のない姿に見える。計算ではない愛らしさ、狙っていない面白さ、それが私たちにとって「いいひと」に思える理由だろう。

 ちょうど雑誌『GINGER』7月号では「今、愛されるのは嘘のないひと」というテーマで、草なぎがインタビューに答えている。そこで語られたのは、うまくいかない出来事が続いた35歳のころから、「自分らしく生きよう」と思えるようになったということ。他人にどう思われているのかを気にしたり、自分自身でスマートにカッコ良く生きたいと思うほど、息苦しくなってしまう感覚は、身に覚えがあるという人も少なくないのではないか。

 私たちは、なりたい自分や期待される自分に向かって努力している。それ自体は素晴らしいことだけれど、そこに固執しすぎると、どこに本当の自分がいるかわからなくなってしまう。うまくいかないことが重なれば、身も心も縮こまってしまうものだ。だが、草なぎはその失敗続きの時期を、失敗のまま終わらせないためにも、人生の浮き沈みに身を任せることを覚えた。さらに、遠回りをしながら学んでいくことで味わえる人生の楽しみも知ったという。

 デニム、ギター、バイクに車と、彼が愛しているものたちは、いずれもヴィンテージものが多い。草なぎのバイクはいつ止まってもおかしくないほど、年季が入っている。人によっては、使いにくさばかりが目についてしまうかもしれない。だが、草なぎはそんな年代物に、遠回りして味を増していく、生きる醍醐味を感じているのだ。

 「その都度、その都度、“ここぞ!”というタイミングで良い出会いに巡りあうんです」という草なぎにとって、最近感じた最も良い出会いは愛犬のクルミちゃん。「食べるときは食べ、遊ぶときは遊び、待つときは待つ……。俗な欲に流されることなく、打算的な駆け引きをすることもなく、人間に換算すると1週間に値するといわれている犬の1日1日を、至極シンプルに生きている」。それは、まさに私たちが感じている草なぎの印象に近い。

 計画的に、効率的に、打算的に。無駄なく、早く、早く、いち早く……と、いつの間にか私たちはいつもそんなふうに焦って生きているのかもしれない。立ち止まると、何かに置いていかれそうな不安を感じる人もいるだろう。しかし、道草を食ったからこそ見られる景色もあるし、バイクが止まってしまったからできる思い出も、二度と経験できないかけがえのない人生の瞬間に変わりない。

 クルミちゃんと暮らし始めたタイミングは、草なぎが新しい地図をスタートさせたのと、ほぼ同時期。大きな環境の変化も楽しめたのは、きっとクルミちゃんのシンプルな生きる姿勢にヒントをもらったからかもしれない。そして、そんな草なぎ自身を見て、今度は私たちがより柔軟に、より身軽に、生きていくエネルギーをもらっている。「年々、自分もラクになっているし、毎日が楽しくなっていく」とは、なんて素晴らしい言葉だろうか。いつだって、過去よりも今が、いちばん楽しい日になるように。草なぎとクルミちゃんの仲睦まじい様子を、SNSやYouTubeで見ながら、そのシンプルな生き方を見習っていきたい。(文=佐藤結衣)

アプリで読む