Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

(C)サイコパス製作委員会

『PSYCHO-PASS サイコパス』新作が満足度ランキング第1位!

ぴあ

19/1/28(月) 18:00

「ぴあ」調査による2019年1月25日、26日公開のぴあ映画初日満足度ランキングは、人気アニメシリーズを新たに3部作で映画化する『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰』が第1位になった。

『PSYCHO-PASS サイコパス』は、人間の心理状態を数値化し管理する近未来社会を舞台に、正義を問われる警察機構を描くオリジナルSFアニメーション。2012年にTVシリーズ第1期、2014年に第2期が放送され、2015年に初の劇場版が公開された。

出口調査では「このタイミングの映画公開は“いまさら”感があり、大丈夫か不安だったけど、予想以上に面白かった!」と話す人や、「これまでのシリーズときちんと繋がっているストーリーがよかった」「最初の作品からどんどん映像が良くなっていて細かいところまでキレイだった」などの声が寄せられ、シリーズを追いかけてきた10代から30代までの作品ファンから高い評価を集めた。

今回の劇場版3部作は、5人の主要キャラクター、霜月×宜野座、須郷×征陸、狡噛にフォーカスした物語が展開されると告知されており、「今まで焦点が当たらなかったキャラにスポットが当たって広がりを感じた」「キャラクターひとりひとりが色濃くたっていてよかった」「1期、2期から比べて主人公たちの成長を感じられた」などの感想もあった。

そのほか「舞台が未来で、今の日本ではできない犯罪の対処の仕方が見どころ」「現代における放射線廃棄物の問題を表現していたり、リアリティがあった」「描いている内容は社会派で、正義を掲げると必ずしもキレイな答えが出ないことを扱っていて、そこに真向から向き合おうとする主人公たちの姿がいい」というコメントもあり、「今後もそれぞれのキャラの魅力をより追いかけてくれることを期待したい」「次回に期待できる終わり方で、1作目はスタートとしてすごくよかった」など、次作を楽しみに待つ声も多かった。

なお『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian』は2月15日(金)から、『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__』は3月8日(金)から公開。今作を上回る満足度が期待できそうだ。

(本ランキングは、1/25(金)、1/26(金)に公開された新作映画14本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

アプリで読む