Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

川本三郎の『映画のメリーゴーラウンド』

ヤンキース、ミッキー・マントルの話から、『グリーンブック』『カーネギー・ホール』…チャイコフスキーにつながりました。

隔週連載

第27回

19/6/25(火)

 ミッキー・マントルとロジャー・マリスのコンビはMM砲と呼ばれた。巨人の王と長嶋がON砲と呼ばれるようになったのはこれを真似ている。
 ロジャー・マリスが出てくる最近の映画がある。今年のアカデミー賞作品賞を受賞したピーター・ファレリー監督の『グリーンブック』。
 黒人の金持のピアニスト(マハーシャラ・アリ)にドライバーとして雇われた白人、ヴィゴ・モーテンセンはイタリアン。ニューヨークのブロンクス地区に妻子、親兄弟と大家族で住んでいる。
 ブロンクスにはヤンキースの本拠地、ヤンキー・スタジアムがある。当然、この一家はヤンキースのファン。時代設定は1962年。この時代のヤンキースは無敵だった。ワールドシリーズで五連覇を成し遂げている。主力はもちろんMM砲。1961年には、ロジャー・マリスが、ベーブ・ルースの60本を上回る61本のホームランを打ち新記録を作った。
 ブロンクスに住む一家は、ヤンキースの試合をテレビで見ながら応援に熱が入る。とくにロジャー・マリスが打席に立つと大声で応援する。ヤンキースの良き時代である。

アプリで読む