Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から佐藤詩織(欅坂46)、若月佑美(乃木坂46)。

乃木坂46若月佑美&欅坂46佐藤詩織、今年も「二科展」入賞

ナタリー

18/9/5(水) 12:46

乃木坂46の若月佑美と欅坂46の佐藤詩織が、本日9月5日から17日まで東京・国立新美術館にて開催中の「第103回 二科展」デザイン部門で入賞を果たした。

7年連続で「二科展」入賞となった若月は自由をテーマにしたポスターA部門に、「モザイクのような人生」というタイトルの作品を出品した。本作について彼女は「乃木坂46にいて感じたんですが、各メンバーがバラバラの人生なのに、集まってひとつになった時、ものすごく大きな力になる。今回は人生をテーマに表現してみました」と説明。7年連続での入賞という快挙については「継続は力なりですね。入賞ももちろん目指してはいますが、その目標だけではなく、これからも自分らしさを表現していければと思っています」と喜びを語っている。

一方の佐藤も昨年に続き2年連続の入賞。趣味であるカメラで撮影した写真をグラフィックに使用した作品で、自由をテーマにした小型グラフィックD部門に入賞した。彼女は作品の制作経緯について「東京の街は色々な風景があるけれど、その風景をモノクロで表現したらどうなるかを試してみたかった。写真は原宿ですね。カメラはフィルムに拘っており、現像した後に初めて見える世界がいつも楽しみです」とコメントしている。

若月佑美 コメント

乃木坂46の歴史と共に入選しました(笑)。継続は力なりですね。入賞ももちろん目指してはいますが、その目標だけではなく、これからも自分らしさを表現していければと思っています。乃木坂46にいて感じたんですが、各メンバーがバラバラの人生なのに、集まってひとつになった時、ものすごく大きな力になる。今回は人生をテーマに表現してみました。

佐藤詩織 コメント

アイドルの活動を行ないながら作品を手掛けるのは難しいけれど、今回も入選する事が出来て本当に嬉しいです。東京の街は色々な風景があるけれど、その風景をモノクロで表現したらどうなるかを試してみたかった。写真は原宿ですね。カメラはフィルムに拘っており、現像した後に初めて見える世界がいつも楽しみです。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play