Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

2019 Bivalvia: Act I installation view PinchukArtCentre, Kyiv, Ukraine

荒木悠の新作映像展が資生堂ギャラリーで開催、ロティの日本紀行文に注目

CINRA.NET

19/4/6(土) 19:40

『荒木悠展:LE SOUVENIRS DU JAPON ニッポンノミヤゲ』が、6月23日まで東京・銀座の資生堂ギャラリーで開催されている。

1985年に山形で生まれた映像作家・荒木悠。文化の伝播と誤訳、その過程で生じる差異や類似などに着目し、社会や歴史を背景にした映像作品を制作している。

『荒木悠展:LE SOUVENIRS DU JAPON ニッポンノミヤゲ』では、明治期に日本を訪れて紀行文を残したフランスの作家ピエール・ロティと、その著作『秋の日本』に注目した作品を展示している。「西洋と東洋」の交差や過去と現在のズレに着目し、映像には映らない「風景」を描写することを試みた作品だという。

アプリで読む