Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から夢咲ねね、浦井健治、川平慈英、霧矢大夢、白井晃。

「ビッグ・フィッシュ」が新バージョンに、「再演しなければならない作品」

ナタリー

19/6/28(金) 17:50

ミュージカル「ビッグ・フィッシュ」の取材会が行われ、出演者の川平慈英、浦井健治、霧矢大夢、夢咲ねね、そして演出の白井晃が登壇した。

ティム・バートン監督による映画「ビッグ・フィッシュ」をもとにした本作は、脚本をジョン・オーガスト、音楽・詞をアンドリュー・リッパが手がけたミュージカル。2017年には、東京・日生劇場で日本初演が行われた。今回は会場を東京・シアタークリエに移し、出演者を12人に絞った「12chairs version」で上演される。

白井は、「再演が決まり心からうれしく思っています」とコメント。川平も、「メインキャストが前回から変わらず集まって、素直にうれしいです。一度白紙に戻して作り上げたい」と意気込みを語る。川平演じるエドワードの息子・ウィルを演じる浦井は、「僕は父とのデュオが1曲増えるので、心してがんばりたい」とアピールし、霧矢は「新バージョンでは、より感動的な家族のストーリーをお届けすることができるかと」と期待を煽る。夢咲は「前回観られなかった方たちが『観たかったんだよー』と言ってくださるのがうれしくて」と声を弾ませ、「プレッシャーはありますが、一生懸命皆様についてがんばっていきます」と気合を入れた。

最後に再び挨拶を求められた白井は、「この再演は、製作元の東宝さんに『東宝として再演をしなければならない作品だと思う』とおっしゃっていただき、その道を模索していただいた結果の、新バージョンでの再演です。東宝さん含め、キャスト・スタッフ共々、この再演を実現しなくてはいけないと思えた作品だと思います。皆さんにもっと届けたい。思いを込めて再演に向かいたいと思います」と語り、会見を締めくくった。

ミュージカル「ビッグ・フィッシュ」の公演は11月1日から28日までシアタークリエにて。チケットの一般販売は8月17日にスタートする。

ミュージカル「ビッグ・フィッシュ」

2019年11月1日(金)~28日(木)
東京都 シアタークリエ

脚本:ジョン・オーガスト
音楽・詞:アンドリュー・リッパ
演出:白井晃
出演:川平慈英、浦井健治、霧矢大夢、夢咲ねね / 藤井隆、JKim、深水元基、佐田照(Wキャスト)、佐藤誠悟(Wキャスト)、東山光明、小林由佳、鈴木蘭々、ROLLY

アプリで読む