Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「まく子」

草なぎ剛が山崎光の父親に、西加奈子原作「まく子」初映像

ナタリー

18/9/28(金) 8:00

西加奈子の同名小説を映画化した「まく子」の特報がYouTubeにて公開された。

小さな温泉街に住む小学5年生の男の子・慧(さとし)が、不思議な魅力をもつ転入生コズエと出会い、彼女に秘められた大きな秘密を知ることで、ほんの少しだけ大人へと近付いていくさまを描いた本作。「真夏の方程式」の山崎光が慧、「Blue Wind Blows」の新音がコズエを演じたほか、慧の父親・光一役で草なぎ剛、母親・明美役で須藤理彩が出演する。初解禁となる映像には子供と大人の狭間にいる慧を中心に、謎の美少女・コズエ、光一、明美の姿が捉えられた。最後には、コズエが慧の耳元で「私とお母さんは、ある星から来たの」と意味深なセリフをささやく場面も。

「くじらのまち」「過ぐる日のやまねこ」の鶴岡慧子がメガホンを取った「まく子」は、2019年3月より東京・テアトル新宿ほか全国でロードショー。

※山崎光の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記
※草なぎ剛のなぎは弓へんに前の旧字体、その下に刀が正式表記

(c)2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play