Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「おいしい家族」舞台挨拶に登壇した(左から)ふくだももこ監督、松本穂香、板尾創路。

板尾創路、「ナチュラルにしょうもないことばっかり言って」松本穂香を和ませる

ナタリー

19/4/19(金) 13:07

松本穂香主演映画「おいしい家族」に出演する板尾創路が本日4月19日、沖縄・ミハマ7プレックスにて実施された同作の舞台挨拶に松本、監督のふくだももこと共に登壇した。

ふくだ監督にとって初の長編作となる「おいしい家族」は、松本演じる東京で働くキャリアウーマン・橙花を主人公に父親・青治が再婚するまでの日々を描く。亡くした妻の服を着て生活する青治役を板尾、青治が「この人と家族になる」と橙花に紹介するお調子者の居候・和生役を浜野謙太が務めた。母の三回忌に実家へ帰ったものの状況を飲み込めない橙花だったが、父をはじめとするさまざまな価値観を持った人々と出会うことで自分らしく生きることの大切さに気づいていく。

原作はふくだ監督が手がけた短編「父の結婚」。短編から続投する板尾は「やった!って思いました。短編から長編になることなんてなかなかないですから。導かれているものがあるんじゃないですかね。すごくうれしいし、しめしめって感じです」と長編化を素直に喜んだ。

また本作で長編映画初主演を果たした松本は、共演した板尾について「大阪出身なので、一方的にずっと見ていた方。現場では、言い方あれですけど(笑)、いつもしょうもないことを言って盛り上げてくれたので緊張せずにやれました」とコメントする。そう言われた板尾は頷きながら「俳優さんがたくさんいて、狭い場所でごちゃごちゃしていたので楽しく撮影できればいいかなと。ナチュラルにしょうもないことばっかり言っていましたね」と撮影中を回想。劇中には食欲をそそる料理がたくさん登場するが、松本は役柄上食べることができなかったそう。板尾は「1人だけかわいそうだったなあ(笑)。すき焼きがおいしくて、何テイクも行けばいいのになって思うくらいおいしかった。でもお肉には限りがあるので、うまく予想を立てながら食べてました」と本作のキーワードでもある“おいしい”シーンについて語った。

「島ぜんぶでおーきな祭」の特別招待作として本日上映された「おいしい家族」は、9月20日(金)に全国公開される。

(c)2019「おいしい家族」製作委員会

アプリで読む