Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ホフマニアダ ホフマンの物語」ポスタービジュアル

「チェブラーシカ」スタジオが贈るロシアの人形アニメ「ホフマニアダ」公開決定

ナタリー

19/2/13(水) 12:53

「チェブラーシカ」「霧の中のハリネズミ」で知られるロシアのソユーズムリトフィルムが、15年の歳月をかけて完成させた人形アニメ「ホフマニアダ ホフマンの物語」が、4月より東京・東京都写真美術館ホールにて公開される。

主人公はドイツ幻想文学の巨匠E.T.A.ホフマン。彼が「くるみ割り人形とネズミの王様」「黄金の壺」「砂男」といった代表作の登場人物たちとともに、現実世界と空想世界(アトランティス)をさまよい続けるさまが描かれる。ホフマンを描いた物語としては、オペラ「ホフマン物語」やそれを映画化した作品などがあり、長く親しまれてきた。ストップモーションとなる「ホフマニアダ ホフマンの物語」のクライマックスでは、総勢50体にのぼる人形が共演しており、その数はロシアパペットアニメーション界の記録になっている。

監督はスタニフラフ・ソコロフ。ヴィクトル・スラフキンがソコロフと共同で脚本を手がけ、ミハイル・シュミアキンがキャラクターデザイン、シャンドル・カロシュが音楽を担当している。国内では2018年の第17回広島国際アニメーションフェスティバルでジャパンプレミアが行われた。現在、YouTubeにて予告編が公開中だ。