Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

《東南アジア映画の巨匠たち》

【プレゼント】《東南アジア映画の巨匠たち》『アジア三面鏡2018:Journey』鑑賞券 5組10名様!

ぴあ

19/6/18(火) 0:00

2019年に設立6年目を迎える国際交流基金アジアセンターが、これまでの日本と東南アジアの文化交流事業の集大成として「響きあうアジア2019」を実施。その一環として、躍進が目覚ましい東南アジア映画を東京国際映画祭と共に、スペシャルプログラムでお届けする《東南アジア映画の巨匠たち》の開催が決定した。

本映画祭では、東南アジアの地域を越えて世界に挑戦し映画ファンを魅了し続ける巨匠たちの原点から最新作、注目の若手監督の意欲作が一挙上映される。現代インドネシア映画のパイオニアであり、多数の映画賞に輝いているガリン・ヌグロホ監督の『メモリーズ・オブ・マイ・ボディ』がジャパンプレミアとして上映されるほか、今観るべき東南アジア映画の傑作が計10本揃う。上映に合わせて、豪華顔ぶれが来日し、シンポジウムやトークショーも実施される予定だ。

今回《東南アジア映画の巨匠たち》の開催を記念して、有楽町スバル座で7月10日(水) 19:00から上映される『アジア三面鏡2018:Journey』の鑑賞券をぴあ(アプリ)ユーザー5組10名様にプレゼントいたします。

応募はぴあ(アプリ)にて6月30日(日)まで受付中。皆様、奮ってご応募下さい!

《東南アジア映画の巨匠たち》『アジア三面鏡2018:Journey』鑑賞券


対象作品:『アジア三面鏡2018:Journey』
日付:7月10日(水)
時間:18:40開場 19:00開映
場所:有楽町スバル座(東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビル2F
招待人数:5組10名様
登壇者(予定):市山尚三(東京フィルメックス・ディレクター)、松下由美(映画プレゼンター)、夏目深雪(映画批評家、編集者)

応募資格:①ぴあ(アプリ)で「ぴあニスト」登録されている方
②上映作品ご鑑賞後、1週間以内に対象作品のコメント投稿していただける方
応募期間:6月30日(日) 23:59まで
当選発表:試写状の発送をもって代えさせていただきます。

【注意事項】
※本作はPG12作品になります。ご了承ください。
※7月10日(水)19:00から上映される『アジア三面鏡2018:Journey』のみご使用いただける鑑賞券になります。
※上記作品・上映回以外にはご使用できませんのでご注意ください。
※当日は上映後に登壇者によるトークショーを予定しております。
※イベントは予告なく中止、変更になる場合がございます。
※メディアの取材が入る可能性がございますので、予めご了承ください。


《東南アジア映画の巨匠たち》 公式サイト
【7月3日(水)~10日(水)開催】
会場:有楽町スバル座、東京芸術劇場

アプリで読む